python(パイソン)

このページではPython(パイソン)でできることを系統立てていきます。

Pythonの概要

Pythonは何でもできる

Pythonの特徴としては、ライブラリが豊富なので簡単に色んなことができるという点があります。基本的にプログラミングでちゃんとした動くモノを1から作るとなるとその仕組みを100%理解していなければいけません。

これはプログラミング初心者にとって非常に大きなハードルだと言えます。ですが、Pythonはライブラリが豊富なので、ライブラリーをインポートして関数をちょっと実行するだけでそこそこのモノが簡単に作れてしまいます。

ですが、Pythonはコードが簡単すぎる代わりにpythonは処理速度が少し遅いので、0.1秒でも実行時間を短くしたい実務の場合はPythonでは物足りないからC言語にするなんてこともあります。(その代わりCは初心者には非常に難しい)

それでもyoutubeやインスタグラムなどはpythonで作られていますし、Googleも採用しているプログラミング言語なので、Cと比べたら少し遅いですが、致命的ではありません。むしろ扱える人が限られるC言語より簡単だから扱える人が多いPythonの方がいい案件も多々あります。

なのでpythonは初心者向けかつ実用的なのでプログラミングを効率よく勉強したい人に一番向いているプログラミング言語なのです。

プログラミング初心者向け

プログラミング初心者にオススメする参考書

【初心者向け】プログラミングが上達するコツとオススメな勉強法

【Python】プログラミング初心者向けにif・for文の処理の意味と使い方を説明します

プログラミング参考書「ハローワールドを表示しよう!」ワイ「簡単すぎ草」

大学生は絶対にプログラミングを学んでおくべきだと考える理由

webスクレイピング

Pythonを使うとインターネットの上のあるブログの記事の内容や株価などの数値データ、twitterなどのSNSのツイートを手動でコピー&ペーストして集めるのではなく、プログラミングで自動で集めることができます。このプログラム言語を使って自動でインターネット上の情報を収集することを「(ウェブ)スクレイピング」と言います。

WEBスクレイピングを行う上で押さえておきたいのはまずPythonでのwebスクレイピングの方法、そしてスクレイピングしてくるデータの仕様についてです。APIを使うとスクレイピングが楽に行う事ができますので、データを集めたいサイトを見るときはそこにAPIが用意されているかどうかをまず確認しましょう。

PythonでのWebスクレイピングには「requests」がめっちゃ便利という話

【Web技術】スクレイピングする上で抑えておきたいHTMLの基本的な仕組み

【Web技術】『http://』『www.』とは何なのか?その違いは?

【Web技術】APIについての分かりやすい解説

データ分析・プロット

【Python】データ分析に超便利な「pandas」の使い方を解説!!(その①)

【Python】データ分析に超便利な「pandas」の使い方を解説!!(その②)

機械学習・ディープラーニング

初心者向けに機械学習とディープラーニングの違いを分かりやすく解説する

【Python】ディープラーニングを勉強する上でオススメな参考書まとめ

【初心者向け】ニューラルネットワークを超分かりやすく解説する

webページ・webアプリ開発

【python】Djangoを使ってウェブサイトを作成する その①

ゲーム制作

プログラミングを挫折せず最短で習得する方法


プログラミングは小学校の義務教育にも導入され始めており、これから社会人として生きていく上にあたってはもはや出来て当たり前のスキルとなりつつあります。こういう話はテレビや雑誌でも最近増えてきたので、知らない人はいないでしょう。そしてそういう話を聞いて参考書なりを購入して独学でプログラミング勉強しようと思っている人も少なくないでしょう。しかしプログラミングを独学で勉強し始めようと思うものの



・「分からない箇所で詰まって挫折してしまった」

・「勉強する時間が足りない」

・「ネットの記事だと情報が断片的でよくわからない」

・「コードのエラーの原因が分からない」



という壁にぶち当たって、プログラミングの勉強を止めてしまう方が少なくありません。独学でプログラミングを勉強してる時間のほとんどはつまづいている時間です。実際僕も最初のころ独学でプログラミングを勉強していた頃はエラーの原因が分からず丸1日を不意にしてしまった・・・そんな苦い経験がありました。



それで僕は一度はプログラミングの学習を諦めてしまいましたが、就活で現実を知る中で「プログラミングを勉強して、いずれフリーランスとして自由な生き方がしたい」「エンジニアとして若いうちから高収入を得たい」という気持ちから一念発起して侍エンジニアのwebサービスコースに申し込み、プロのエンジニアの方に対面でマンツーマンでPythonによるWebサービス作り方とWeb技術の基本を教えてもらい、ようやくプログラミングが理解できました。侍エンジニアは様々なコースが用意されており、PythonでデータサイエンティストやAIエンジニアになりたい人にもおすすめです。(ちなみに今、侍エンジニアに申し込むと25歳以下の方であれば受講料が20%offなるので超お得です。)









、 巷でいわれるように侍エンジニアのようなマンツーマンのプログラミングスクールは値段が少し高いのは事実ですが、その分やる気さえあれば間違いなくプログラミングスキルが身に付くので、僕はいいと思います。プログラミングは大勢で授業を受けるよりも自分が分からない箇所をピンポイントでプロの講師に直接質問して、ちゃんと納得するというスタイルの方がお金は確かに少し掛かりますが、独学で学ぶより絶対にモノになります。


最近はオンラインで無料でプログラミングが学べるというようなサイトも確かにありますが、自分のお金を払って勉強した方が、払った分の元を取ろうと必死になれるのでプログラミングの学習効率は絶対に上がります。エンジニアの間では、プログラミングは好きなやつが独学で勉強するものだという風潮がありますが、もうそういうのは時代遅れだと思います。僕の意見としてはプログラミングはプログラミングスクールに通って勉強するべきです。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする