BigQuery

【BigQuery】日付データの加算・減算処理

この記事は約2分で読めます。

 

 

こんにちは、ミナピピン(@python_mllover)です。今回はBigQueryでの日付データの加算・減算の関数について自分用にまとめておこうと思います。日付の加算・減算は、UTC⇒日本時間への変換やN日後継続率などのKPI集計でよく使うんですが、1週間くらい触らないと度忘れしちゃうのでブログにメモっておきます。

 

DATETIME_ADD()による日付の加算処理

 

SELECT
  DATE_ADD(DATE(datetime), INTERVAL 1 DAY) # 1日
  ,DATE_ADD(DATE(datetime), INTERVAL 1 MONTH) # 1月
  ,DATE_ADD(DATE(datetime), INTERVAL 1 YEAR) # 1年
FROM 
  テーブル名

 

DATETIME_SUB()による日付の減算処理

 

SELECT
  DATE_SUB(DATE(datetime), INTERVAL 1 DAY)
  ,DATE_SUB(DATE(datetime), INTERVAL 1 MONTH)
  ,DATE_SUB(DATE(datetime), INTERVAL 1 YEAR) 
FROM
 テーブル名

 

TIME_STAMP型に適応したい場合はそれぞれ、TIMESTAMP_ADD()・TIMESTAMP_SUB()で集計できます。

 

ふと使うときに度忘れします。Bigqueryというかデータ処理でめんどくさいのは時刻データの扱いだなと思うこの頃

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました