Python Python入門

datetimeモジュールでよく使う日付データ処理のサンプルコードまとめ

この記事は約2分で読めます。

 

datetimeモジュールでの日付データの処理(文字列変換・加算・減算など)について毎回ググっている気がするので自分用にメモしました。

 

現在時刻を取得

 

from datetime import datetime
dt = datetime.now()  # UTC
print(dt)  
print(type(dt))
<実行結果>
2022-09-16 05:43:02.513007
<class ‘datetime.datetime’>

年・月・日をそれぞれ抽出する

この中から年・月・日を別々に抽出したい場合は以下のように記述します。
# 日付と時刻を構成する要素の取り出し
print(f'year: {dt.year}, month: {dt.month}, day: {dt.day}')
print(f'hour: {dt.hour}, minute: {dt.minute}, second: {dt.second}')
print(f'micro second: {dt.microsecond}')

日付データの変換(datetime→文字型)

 

datetime型から文字型への変換は以下で実行可能です

from datetime import datetime 
dt = datetime.now()  # UTC
str_dt = dt.strftime('%Y/%m/%d %H:%M:%S')
print(str_dt)
<実行結果>
2022/09/23 17:23:58

日付データの変換(文字型→datetime型)

 

文字型をdatetime型に変換する際は以下のように記述します。

tstr = '2022-9-16 13:49:37'
tdatetime = datetime.strptime(tstr, '%Y-%m-%d %H:%M:%S')
tdatetime
print(type(tdatetime))

 

日付の加算・減算

 

from datetime import timedelta
dt2 = dt + timedelta(hours=9)
print(dt2)

 

hours=9で9時間加算、減算したい時は-9みたいな書き方でおけ

他にも引数には「days =日」「months = 月」も使える

 

 

適宜追記予定

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました