【Python】if・else・for・whileの使い方と簡単な説明

スポンサーリンク

 

 

 

今回はプログラミングの必須分野であるif・forループについて抑えていきたいと思います。

 

 

演算子

 

論理式を書く上において絶対必要なのは演算子です。

 

 

比較演算子

 

イコール    ==

notイコール  !=

不等号    > または  <

 

 

論理演算子

 

and

or

not

 

論理演算子はand or not の3つだけです。また論理演算子で返されるTRUEとFALSEのことを「真偽値」と言います。

 

 

ここで抑えておきたいのは、比較演算子・論理演算子・真偽値の3つです。これを頭に入れたら次はif構文を見ていきます。

 

 

Pythonでのif・else構文

 

 

 

 

 

 

if 条件式:

   条件式が成立する場合に実行する処理

   else:

   条件式が成立しない場合の処理

 

 

 

または

 

if 条件式:

   条件式が成立する場合に実行する処理

   break

 

 

でもコードは成立する。

 

 

 

 例

 

>>> x=input(‘数字を入力してください→’)
数字を入力してください→4

 

 

###xが10ならYES、10じゃないならNO###

 

>>> if int(x)==10:
   print(‘yes’)
else:
   print(‘no’)

no

 

 

他にもelse if構文を使うとより複雑な条件式を設定するとことができます。

 

 

 

 

 for・while構文の使い方

 

 for 変数 in 繰り返し処理ができるオブジェクト :

繰り返す処理

 

 

 

ここでいう繰り返し処理をするオブジェクトはrange関数で作成するのが一番手っ取り早いです。

 

rangeの引数は以下のようになります。↓

 

range( 開始する値 , 終了する値 )

 

 

例:

 >>>for i in range(1,5):
print(i)

1
2
3
4

 

注意したいのはfor処理はrange関数で設定した引数の終了する値の1つ手前で終了することです。

 

range(0,5)ならば、1 2 3 4 ということになります。

 

そしてこれはパーツの一部に使うことができます。

 

 例

>>> for i in range(1,5):
print(13+i)

14
15
16
17

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする