【必見】絶対に入れておきたいVS_Codeの拡張機能まとめ

VS_Codeは拡張機能を入れると超便利になる

どうも湊(@python_mllover)です。最近環境構築の資料を作っていて、改めてVS_Codeの便利な拡張機能とかについて調べたので、今後すぐぱっと引き出せるようにブログにまとめておこうと思います。

<個人的オススメ拡張機能一覧>

・Japanese Language Pack for Visual Studio Code

・Markdown All in One

・vscode-icons

・Rainbow CSV

・Indent Rainbow

・Live Server

VS_Codeに拡張機能を入れる方法

VS Codeはユーザーが作成した拡張機能をインストールできます。
拡張機能の入れかた左側に並んでいるアイコンのうち、一番下のものをクリックしてください。あるいは表示 > 拡張機能でも開けます。

この画面を開いたら検索ボックスにインストールしたい拡張機能の名前を検索し、タブで開いてインストールボタンをクリックすると自動でインストールされます。

・Japanese Language Pack for Visual Studio Code

Japanese Language Pack for Visual Studio Code』はVSCodeの機能表示を全部日本語表示に変換してくれる拡張機能です。

VS_Codeで何をするにしてもまず入れておくべき拡張機能です、インストールして日本語表示にならないときは、VSCodeを再起動すると設定が反映されます。

・Markdown All in One

VS_Codeでマークダウンを扱う時に絶対に入れておきたい拡張機能。

・ショートカットキーでMarkdownのタグを入力可能(ctrl+bで太字、ctrl+shift+]でインデントの追加など)

・画像の挿入時に画像パスの入力を補完

・Markdownのアウトライン表示が可能

・mdファイルを開いた際に自動的にプレビューを起動(デフォルトでは無効)

・vscode-icons

VS_Codeで展開しているプログラムファイルの言語に合わせたアイコンを自動で付けてくれる。拡張機能を有効かすると↓のような感じになる

・Rainbow CSV

VSCodeでCSVを扱いやすくするための拡張拡張。これを入れるとCSVに色がついて見やすくなります。

参考:https://qiita.com/0w0/items/07a481921a2ac09a049f

・Indent Rainbow

『Indent Rainbow』を入れるとインデントに色がついてコードが見やすくなります。pythonのプログラムを書いている時なんかに、for文やif文を多用してコードがネストして見にくくなったときに色でインデントが分かりやすくなるので便利ですね。

・Live Server

html,css,JavaScriptファイルをエディタで書いた後、ブラウザを更新して表示を確認しますよね?

でも毎回、手動で更新するの面倒じゃないですか?そんなときに便利なのがこの『Live_Server』でこれを有効化するとHTMLなどを更新したときに自動で変更を反映してくれるようになります。webアプリケーションの開発をするときなんかに非常に便利です。

おわり

以上が僕のオススメなVS_Codeの拡張機能です。プログラミングの際に必須ともいえるテキストエディタには、Anacondaに付随しているvs_Codeの他にもATOMなんかがありますが、個人的にVS_Codeが一番日本語化しても問題が起こりにくく動作も基本的に軽いので好きですね。

皆さんもよきVS_Codeライフを送ってください~では~!

プログラミングの独学はとても難しい


プログラミングは小学校の義務教育にも導入され始めており、これから社会人として生きていく上でプログラミングはもはや出来て当たり前、出来なれば論外というエクセルレベルの必須スキルになりつつあります。そしてそういう話を聞いて参考書なりを購入して独学でプログラミング勉強しようと思っている人も少なくないでしょう。しかしプログラミングを独学で勉強し始めようと思うものの



・「分からない箇所で詰まって挫折してしまった」

・「勉強する時間が足りない」

・「ネットの記事だと情報が断片的でよくわからない」

・「コードのエラーの原因が分からない」



という壁にぶち当たって、プログラミングの勉強を止めてしまう方が少なくありません。独学でプログラミングを勉強してる時間のほとんどはつまづいている時間です。実際僕も最初のころ独学でプログラミングを勉強していた頃はエラーの原因が分からず丸1日を不意にしてしまった・・・そんな苦い経験がありました。



それで僕は一度はプログラミングの学習を諦めてしまいましたが、就活で現実を知る中で「プログラミングを勉強して、いずれフリーランスとして自由な生き方がしたい」「エンジニアとして若いうちから高収入を得たい」という気持ちから一念発起して「侍エンジニアのwebサービスコース」に申し込み、プロのエンジニアの方に対面でマンツーマンでPythonによるWebサービス作り方とWeb技術の基本を教えてもらい、ようやくプログラミングが理解でき、今ではエンジニアとしてそこそこの暮らしができるようになりました。





侍エンジニアでは、とりあえずプログラミングやインターネットの基本を知っておきたい人から、HTML・cssなどでWebサイトやWebアプリを作ってみたい人やPythonを勉強してデータサイエンティストやAIエンジニアになりたい人まで幅広いニーズに応えた様々なコースが用意されています。



IT業界と言ってもエンジニアの仕事はプログラミング言語次第でサーバーから機械学習・ディープラーニングまで多種多様ですし、侍エンジニアの無料レッスン(カウンセリング)を受けてみて、自分のやりたいITの仕事は何なのか?を見つけるのがエンジニアへの第一歩になります。ちなみに今侍エンジニアの無料レッスンを受けると1000円分のAmazonギフト券がもらえるので、試しに受けてみるだけもお得です。


自分は半端に独学やオンラインスクールで勉強して金と時間を無駄にするくらいなら、リアルのプログラミングスクールに通ってしっかりプログラミングを勉強した方がいいと思います。ちなみに今、侍エンジニアに申し込むと、25歳以下の学生の方であれば、受講料が20%OFFになるので超お得です。


そして、プログラミングは大勢で授業を受けたり漫然とオンライン学習をするよりも自分が分からない箇所をピンポイントでプロの講師に直接質問して、ちゃんと納得するというスタイルの方がお金は確かに少し掛かりますが、独学で学ぶよりも絶対にモノになります。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする