Pythonエンジニア認定試験を受けてきたので感想とか難易度とかをまとめておく

どうも湊です

今回は教えている後輩がPythonエンジニア認定試験を受けるというので、教える側としてどんなものかと試しに受けてきましたので、受験方法や難易度、実用性なんかを纏めておこうと思います。

Python 3 エンジニア認定基礎試験とは?

一般社団法人Pythonエンジニア育成推進協会が実施している民間試験。

  • 基礎文法が出題され、試験時間60分で40問中70%以上正解で合格
  • 受験料1万円(税別) *学生は半額
  • CBTによるPCを使ったテストですぐに結果が出る
  • 教材はオライリーの「Pythonチュートリアル 第3版」

勉強法と資格難易度は?

難易度は実務でPythonを使っているエンジニアなら、ノー勉でも受かるかなーというくらいの難易度です、ただ試験内容がオライリー本の内容で古いライブラリの話とかクセがあるので、そのまま受けると落ちる可能性は十分あります。

まあ現役のエンジニアなら1日~3日Diveintocodeで過去やってチュートリアル本勉強すれば受かるレベルの簡単な内容です。僕は仕事終わりに3日間勉強して受かりました。

実用性はある?

うーん微妙・・・。arrayとかNumpyとPandasあるから今じゃ絶対につかわないし、JupyterNotebookの前身がIPythonだとかquit()で終了だとかいうインタープリター系の話もいらないんじゃないかな?と思いました。

まあPythonの歴史みたいなものなので、Pythonエンジニアを名乗るというなら押さえておくべき事項なのかもしれませんが、こんなの知ったところでPython博士にしかならないのでは・・・?という感じです

まあ内容は基本的なものが多いので、これを合格したからといってデータ分析がバリバリできたり、Djangoでwebアプリケーションが作れるわけではないので、合格したからといって役に立つものではないでしょう。

結局エンジニアの世界は実務経験&コード書けるか&コミュニケーション能力があるかですし、博士号とかならまだしも、ちょっと勉強すればとれる資格にはあまり価値のない世界です。

ただまあ資格があると履歴書が派手になってプログラミングの世界を知らない人はすげええええええってなってくれることがあるので、あるに越したことはないかなと思います。

まあどこで使えるか考えたら、未経験歓迎のSESにやる気アリというころで入りやすくなるくらいですかね。。。腕に覚えがある人なら、この資格取るよりも自分のGITのアカウントでも見せた方がいいと思います。

まとめ

Pythonエンジニア認定試験の総合的な感想としては、ニッチな部分もあるものの簡単でPythonが使えるエンジニアなら、3日~1週間くらい片手間に勉強すれば受かる試験って感じです。

Diveintocodeの模試何回か受けて間違ったところをのオライリーのチュートリアル本見て確認すれば大丈夫です。試験はDive into codeの模試よりも、ちょい難しいです。経験者には簡単だし、初心者は参考書が分かりにくいから混乱するでしょうし、よくわからん資格試験です。

個人的にはPandasやNumpyの操作方法を問う問題がないとPythonの試験としてダメだろ・・・と思ったのですが、データ分析系統はまた別に資格試験が作られるみたいでそっちの方に盛り込まれるみたいです。

文系新卒SESとかに箔を付けさせるのにはちょうどいいかなという感じです。チューとリアルの内容が分かっていればPythonの基本文法は分かっていると思うのでライブラリの中身の理解とも早いでしょうし。

ただ他の言語経験ゼロのガチのプログラミング初心者があのオライリーのチュートリアル本みて勉強するのは難しいと思うので、他の参考書で基礎を抑えてからオライリーの本を読んで試験内容にコミットするという流れのほうがいいかなと思います。

幸いPythonにはこれでもかというくらい、プログラミングを分かりやすく説明したものが多いです。その中でも僕がプログラミング初心者を教える際に教材に採用しているのは「スラスラ読める Pythonふりがなプログラミング」ですね。

プログラミングの独学はとても難しい


プログラミングは小学校の義務教育にも導入され始めており、これから社会人として生きていく上でプログラミングはもはや出来て当たり前、出来なれば論外というエクセルレベルの必須スキルになりつつあります。そしてそういう話を聞いて参考書なりを購入して独学でプログラミング勉強しようと思っている人も少なくないでしょう。しかしプログラミングを独学で勉強し始めようと思うものの



・「分からない箇所で詰まって挫折してしまった」

・「勉強する時間が足りない」

・「ネットの記事だと情報が断片的でよくわからない」

・「コードのエラーの原因が分からない」



という壁にぶち当たって、プログラミングの勉強を止めてしまう方が少なくありません。独学でプログラミングを勉強してる時間のほとんどはつまづいている時間です。実際僕も最初のころ独学でプログラミングを勉強していた頃はエラーの原因が分からず丸1日を不意にしてしまった・・・そんな苦い経験がありました。それで僕は一度はプログラミングの学習を諦めてしまいましたが、就活で現実を知る中で



「プログラミングを勉強して、いずれフリーランスとして自由な生き方がしたい」

「エンジニアとして若いうちから高収入を得たい」



という強い気持ちから一念発起して「侍エンジニアのwebサービスコース」に申し込み、プロのエンジニアの方に対面でマンツーマンでPythonによるWebサービス作り方とWeb技術の基本を教えてもらい、ようやくプログラミングが理解でき、今ではエンジニアとしてそこそこの暮らしができるようになりました。





侍エンジニアでは、とりあえずプログラミングやインターネットの基本を知っておきたい人から、HTML・cssなどでWebサイトやWebアプリを作ってみたい人やPythonを勉強してデータサイエンティストやAIエンジニアになりたい人まで幅広いニーズに応えた様々なコースが用意されています。



IT業界と言ってもエンジニアの仕事はプログラミング言語次第でサーバーから機械学習・ディープラーニングまで多種多様ですし、侍エンジニアの無料レッスン(カウンセリング)を受けてみて、自分のやりたいITの仕事は何なのか?を見つけるのがエンジニアへの第一歩になります。ちなみに今侍エンジニアの無料レッスンを受けると1000円分のAmazonギフト券がもらえるので、試しに受けてみるだけもお得です。


自分は半端に独学やオンラインスクールで勉強して金と時間を無駄にするくらいなら、リアルのプログラミングスクールに通ってしっかりプログラミングを勉強した方がいいと思います。ちなみに今、侍エンジニアに申し込むと、25歳以下の学生の方であれば、受講料が20%OFFになるので超お得です。


そして、プログラミングは大勢で授業を受けたり漫然とオンライン学習をするよりも自分が分からない箇所をピンポイントでプロの講師に直接質問して、ちゃんと納得するというスタイルの方がお金は確かに少し掛かりますが、独学で学ぶよりも絶対にモノになります。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

   侍エンジニア塾       
侍エンジニアの無料体験レッスンを予約する -->