【Anaconda】コマンドプロンプトでPythonが実行できないときの対処法

先日Python初心者のメンターをしててAnacondaをインストールしたのにコマンドプロンプトでPythonが実行できないというテンプレエラーに遭遇したので、当たらめてまとめておきます。

関連記事:【Python】Anacondaのインストールと初期設定から便利な使い方までを徹底解説!

インストール済みのpythonコマンドが認識されない原因は何か?

Pythonを始めた人が一度はハマるこのエラーですが結論からいくと

rootにPATHが通っていない

これに尽きます。

Pythonに限らずインストールしたはずなのに、コマンドプロンプトでコマンドが認識されない原因はrootにPATHが通っていないからです。

実はこれAnacondaのインストール時のオプションで設定するかどうか絶対に聞かれていて、それを選択しておかないとrootにPathは通さないという設定でAnacondaとPythonインストールされてしまいます。

インストール後にコマンドプロンプトでpythonを実行しようとするとコマンドが認識されていませんというエラーの原因になります。

まあAnaconda_PromptはAnacondaのPythonのPATHを自動で通してくれているので、このエラーは起きないのでそこまで大きなエラーでもないのですが、Vscodeで、Pythonで作ったアプリのデバックするときなんかにエラーの原因になります。

pythonコマンドが認識されないときの解決策

そして解決策ですが、システム環境変数にAnacondaのパスを通せば、コマンドプロンプトでもpythonが動くようになります。

C:\Anaconda3 
C:\Anaconda3\Library\mingw-w64\bin
C:\Anaconda3\Library\usr\bin
C:\Anaconda3\Library\bin
C:\Anaconda3\Scripts

インストール時にデフォルトのディレクトリにAnacondaをインストールした場合Anacondaの設定ファイルは上記の場所にあるので、それをシステムパスに通して再起動するだけです。

またMacなんかでデフォルトのルートにあるpythonを使ったアプリケーションが動いており、Anacondaのpythonのパスを通したくないときはコマンドプロンプト上で、以下のコマンドを実行するとAnacondaのPythonコマンドがコマンドプロンプト上でも認識されるようになります。

$C:/Users/「自分のユーザー名」/Anaconda3/Scripts/activate
$conda activate root

または

$conda activate (仮想環境名)

※/Anaconda3/Scripts/の場所はAnacondaをどこにインストールしたかで変わるので、各自の環境で任意に変更して下さい。

rootにAnacondaのPATHを通すメリットとデメリット

ここまで読んでいるとコマンドプロンプトでpythonが使うのにひと手間かかるし、デフォルトでrootにPATHが通るようにしておけばいいじゃん。と思う人も多いと思います。

ですが、最近のAnacondaのインストーラーではrootにPATHを通すという設定は非推奨になっています。

これはなぜかというと、うえでチラッと書いていますが、デフォルトで別のPythonが既に存在しているのに、ルートにあるpythonのPATHをAnacondaのPythonのPATHで上書きしてしまうと、MacやCentosなどデフォルトでPythonがインストールされているOS環境では不具合が起こる可能性があるからです。

AnacondaがMacなどと相性が悪いと言われているのもこれが原因で、そのため最近のAnacondaのインストーラーではrootにPATHを通すことはデフォルトだと非推奨になっています。

rootにPATHは通すべきか否か

個人的なこの命題に対する結論としては、以下の通りです。

Windows→通した方が便利だけだけど業務の環境構築では通さない

それ以外→通さない方が無難

まあrootはPCの根幹なので、むやみに弄ると予期せぬエラーに繋がり最悪初期化のリスクもあるので、弄るべきではないというAnaconda開発者陣営の意図も分かりますし、別にPATHを通さなくても動くことは動くので、通さないほうがいいと思います。

関連記事:Window10にPythonの開発環境を構築する上で知っておくべき3つのこと

自分も自分のPCでは一々conda activate~とか打ち込むのもめんどくさいので、rootにAnacondaのPATHを通していますが、業務で新規に環境構築の手順書なんかを作るときには予期せぬエラーが起こると面倒なのでrootにPATHは通さないようにしています。

ですが、プログラミング初心者はPC初心者なわけで、これがPythonの環境構築でハマる大きな原因になるので、難しいところですね。pythonは簡単ですが、これだけはちょっとややこしい点だと思います。

プログラミングの独学はとても難しい


プログラミングは小学校の義務教育にも導入され始めており、これから社会人として生きていく上でプログラミングはもはや出来て当たり前、出来なれば論外というエクセルレベルの必須スキルになりつつあります。そしてそういう話を聞いて参考書なりを購入して独学でプログラミング勉強しようと思っている人も少なくないでしょう。しかしプログラミングを独学で勉強し始めようと思うものの



・「分からない箇所で詰まって挫折してしまった」

・「勉強する時間が足りない」

・「ネットの記事だと情報が断片的でよくわからない」

・「コードのエラーの原因が分からない」



という壁にぶち当たって、プログラミングの勉強を止めてしまう方が少なくありません。独学でプログラミングを勉強してる時間のほとんどはつまづいている時間です。実際僕も最初のころ独学でプログラミングを勉強していた頃はエラーの原因が分からず丸1日を不意にしてしまった・・・そんな苦い経験がありました。それで僕は一度はプログラミングの学習を諦めてしまいましたが、就活で現実を知る中で



「プログラミングを勉強して、いずれフリーランスとして自由な生き方がしたい」

「エンジニアとして若いうちから高収入を得たい」



という強い気持ちから一念発起して「侍エンジニアのwebサービスコース」に申し込み、プロのエンジニアの方に対面でマンツーマンでPythonによるWebサービス作り方とWeb技術の基本を教えてもらい、ようやくプログラミングが理解でき、今ではエンジニアとしてそこそこの暮らしができるようになりました。





侍エンジニアでは、とりあえずプログラミングやインターネットの基本を知っておきたい人から、HTML・cssなどでWebサイトやWebアプリを作ってみたい人やPythonを勉強してデータサイエンティストやAIエンジニアになりたい人まで幅広いニーズに応えた様々なコースが用意されています。



IT業界と言ってもエンジニアの仕事はプログラミング言語次第でサーバーから機械学習・ディープラーニングまで多種多様ですし、侍エンジニアの無料レッスン(カウンセリング)を受けてみて、自分のやりたいITの仕事は何なのか?を見つけるのがエンジニアへの第一歩になります。ちなみに今侍エンジニアの無料レッスンを受けると1000円分のAmazonギフト券がもらえるので、試しに受けてみるだけもお得です。


自分は半端に独学やオンラインスクールで勉強して金と時間を無駄にするくらいなら、リアルのプログラミングスクールに通ってしっかりプログラミングを勉強した方がいいと思います。ちなみに今、侍エンジニアに申し込むと、25歳以下の学生の方であれば、受講料が20%OFFになるので超お得です。


そして、プログラミングは大勢で授業を受けたり漫然とオンライン学習をするよりも自分が分からない箇所をピンポイントでプロの講師に直接質問して、ちゃんと納得するというスタイルの方がお金は確かに少し掛かりますが、独学で学ぶよりも絶対にモノになります。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

   侍エンジニア塾       
侍エンジニアの無料体験レッスンを予約する -->