【Python】BitsvでビットコインSVのネットワークにアクセスする

この記事は約3分で読めます。

 

bitcoinSVとは何か

 

 

 

参考記事:Bitcoin(BTC)の致命的な問題点とBitcoinSV(BSV)の将来性

 

 

BitSVでビットコインSVのネットワークにアクセスする

 

# bitsvのインストール
pip install bitsv

 

 

# 秘密鍵を元にウォレットクラスを作成する
key = 'wif方式の自分の秘密鍵'
my_key = bitsv.Key(key)

 

# アドレスのビットコイン残高を確認する
bal = my_key.get_balance()

 

 

# 今までの取引履歴を取得する
tx_list = my_key.get_transactions()

 

# 自分のBSVを相手に送信する

#宛先と金額を選択する
outputs = [
('1PdvVPTzXmo4cSs68HctLUxAdW917UZtC8', 0.00001, 'bsv')
]

# トランザクションIDを確認する
tx_id = my_key.send(outputs)

 

 

サンプルコードの宛先はBITSV開発者の「AustEcon」さんのBSVアドレスになっています。

 

送金単位はBSVだけではなく、為替APIを介してJPYやUSD建てで送金することも可能ですが、たまにAPIが落ちているときがあり、その時にはエラーを吐くので注意してください。

 

 

トランザクション以外のデータをアップロードする

 

またBSVはスケーリング問題を解決したビットコインなので、トランザクションデータだけではなく、画像やテキストといったデータもインターネットのサーバーにアップロードするのと同じ要領でアップロードすることが可能です。

 

画像データをアップロードする際にはPolyglotというライブラリと組み合わせると関数1つでbsvブロックチェーンにアップロードすることが可能になります。

 

関連記事:【Python】BitsvとPolyglotでBitcoinSV(BSV)のブロックチェーンに画像データをアップロード

 

 

終わり

 

BSVはDapps(ブロックチェーンアプリケーション)を開発するプラットフォームとして世界で最もスケールされたプラットフォームです。

 

なので、アプリケーションによるトランザクションが増加したところでイーサリアムのようにガス代が急騰することもなく、常に低コストでトランザクションを発行できます。

 

 

 

今はまだ無名というか変な噂が先行している状態ですが、中国ではBSVを用いたアプリケーションが毎日のように生み出されており、数年後には大きく成長していると思われます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました