【Windows10】Dockerを使ってRe:VIEWの執筆環境を整えよう

Reviewは技術書の執筆に便利ですが、環境構築でハマりやすいらしいのでDocker上でReViewの環境を構築したものが配布されているので、それを使うと楽に作業環境を構築することができます。

Dockerの環境構築

まずWindows10 HomeではなくProかEnterprizeであることがDockerのインストール条件になります(Hyper-Vがあるかどうか)

関連記事:

【Windows10】Dockerの環境構築を分かりやすく解説する(前半)

【Windows10】Dockerの環境構築を分かりやすく解説する(後半)

Re:VIEW Starterで同人誌の雛形を作る

Reviewの問題点としては使い方がフォントや行間などの細かい設定が分かりにくいので、これをうまく使いこなすのは新しい言語を覚えることに近いのでまともな技術書を執筆するのに実は結構手間取ります。

そういったReviewの門断点を解決し、Reviewをより便利に使えるようにしたのがRe:VIEW Starterです。Re:VIEW Starterの使い方はとても簡単です。

まず以下のサイトで入力フォームに技術書を作るにあたっての必要な設定を入力します。

https://kauplan.org/reviewstarter/

全部入力するとサンプルのファイル群がZIPで出力されるので、それをダウンロードして、自分のPCのcmdで↓の手順でコマンドを実行してZIPを展開しビルドします。

### Docker を使う場合
$ docker pull kauplan/review2.5    # 3GB 以上ダウンロードするので注意
$ unzip 〇〇.zip
$ cd 〇〇/
$ docker run --rm -v $PWD:/work kauplan/review2.5 /bin/bash -c "cd /work; rake pdf"
$ ls 〇〇.pdf

ただWindowsだと↑のコマンドでは「docker run –rm -v $PWD:/work kauplan/review2.5 /bin/bash -c “cd /work; rake pdf”」の部分が以下のようなエラーが出てビルドが成功しない。

エラーメッセージ

$ docker run --rm -v 'PWD'/work kauplan/review2.5 //bin/bash -c "cd/work; rake pdf"
//bin/bash: line 0: cd: /work: No such file or directory
rake aborted!
No Rakefile found (looking for: rakefile, Rakefile, rakefile.rb, Rakefile.rb)
/var/lib/gems/2.5.0/gems/rake-12.3.1/exe/rake:27:in `<top (required)>'
(See full trace by running task with --trace)

エラーメッセージとしてはPATHがあってないというだけのものだが、根本的な原因がwindowsのbashからDocker経由でLinuxのコマンドを叩いていることっぽい?

アプリ開発していてたまにあるLinux上で書いたアプリをWindowsでビルドするとシンボリックリンクでエラーを吐いてビルドできない系のWindowsとLinuxのPATHの仕様の違いによるエラーかと思われます。

解決策は↓の代わりコマンドを入力します

docker run --rm -v "%cd%":/work kauplan/review2.5 /bin/bash -c "cd /work; rake pdf"

「Errno::EINVAL: Invalid argument @ rb_sysopen - 〇〇.pdf」というエラーメッセージが出る場合はどこかのpdfエクスプローラーで出力したpdfを開いていて出力内容を書き込めないのが原因なので、pdfを閉じてあげましょう。Pythonみたく「can‘t open 〇〇pdf」みたいにエラー出力してくれると分かりやすいんですが、Rubyはエラーの内容が分かりにくくてやっぱり苦手。。。

それはさておき、これでRe:VIEW でそれっぽい同人技術書の雛形が作れます。非常に便利ですね。

プログラミングの独学はとても難しい


プログラミングは小学校の義務教育にも導入され始めており、これから社会人として生きていく上でプログラミングはもはや出来て当たり前、出来なれば論外というエクセルレベルの必須スキルになりつつあります。そしてそういう話を聞いて参考書なりを購入して独学でプログラミング勉強しようと思っている人も少なくないでしょう。しかしプログラミングを独学で勉強し始めようと思うものの



・「分からない箇所で詰まって挫折してしまった」

・「勉強する時間が足りない」

・「ネットの記事だと情報が断片的でよくわからない」

・「コードのエラーの原因が分からない」



という壁にぶち当たって、プログラミングの勉強を止めてしまう方が少なくありません。独学でプログラミングを勉強してる時間のほとんどはつまづいている時間です。実際僕も最初のころ独学でプログラミングを勉強していた頃はエラーの原因が分からず丸1日を不意にしてしまった・・・そんな苦い経験がありました。それで僕は一度はプログラミングの学習を諦めてしまいましたが、就活で現実を知る中で



「プログラミングを勉強して、いずれフリーランスとして自由な生き方がしたい」

「エンジニアとして若いうちから高収入を得たい」



という強い気持ちから一念発起して「侍エンジニアのwebサービスコース」に申し込み、プロのエンジニアの方に対面でマンツーマンでPythonによるWebサービス作り方とWeb技術の基本を教えてもらい、ようやくプログラミングが理解でき、今ではエンジニアとしてそこそこの暮らしができるようになりました。





侍エンジニアでは、とりあえずプログラミングやインターネットの基本を知っておきたい人から、HTML・cssなどでWebサイトやWebアプリを作ってみたい人やPythonを勉強してデータサイエンティストやAIエンジニアになりたい人まで幅広いニーズに応えた様々なコースが用意されています。



IT業界と言ってもエンジニアの仕事はプログラミング言語次第でサーバーから機械学習・ディープラーニングまで多種多様ですし、侍エンジニアの無料レッスン(カウンセリング)を受けてみて、自分のやりたいITの仕事は何なのか?を見つけるのがエンジニアへの第一歩になります。ちなみに今侍エンジニアの無料レッスンを受けると1000円分のAmazonギフト券がもらえるので、試しに受けてみるだけもお得です。


自分は半端に独学やオンラインスクールで勉強して金と時間を無駄にするくらいなら、リアルのプログラミングスクールに通ってしっかりプログラミングを勉強した方がいいと思います。ちなみに今、侍エンジニアに申し込むと、25歳以下の学生の方であれば、受講料が20%OFFになるので超お得です。


そして、プログラミングは大勢で授業を受けたり漫然とオンライン学習をするよりも自分が分からない箇所をピンポイントでプロの講師に直接質問して、ちゃんと納得するというスタイルの方がお金は確かに少し掛かりますが、独学で学ぶよりも絶対にモノになります。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

   侍エンジニア塾       
侍エンジニアの無料体験レッスンを予約する -->