Dockerのダウンロード・インストールまでを徹底解説する

スポンサーリンク

Dockerとは何か

Dockerは、Docker社が開発している、コンテナ型の仮想環境を作成、配布、実行するためのプラットフォームです。(公式サイト→https://www.docker.com/what-docker)。Dockerは、Linuxを使ったもので、簡単にいうと一種の仮想環境作成マシンのようなものです。

Dockerを使うメリット

これまで主流だったWindowsでMacやLinuxを動かす的なVirtualBoxなどの仮想マシンでは、ホストマシン上でハイパーバイザを利用しゲストOSを動かし、その上でミドルウェアなどを動かしており、起動や終了に時間が掛かりました。

ですが、Dockerはホストマシンのカーネルを利用し、プロセスやユーザなどを隔離することで、あたかも別のマシンが動いているかのように動かすことができます。そのため、軽量で高速に起動、停止などが可能です。

ようはお手軽環境切り替えソフトみたいな感じです。WindowsのOS上でLinuxやMacを動かすみたいな仮想環境の構築方法にはコンテナ型とか色々種類があり話が長くなるので省略しますが、興味のある方は調べてみてください。

プログラミングにおいて環境設定というのはとても大事で、同じコードでもOSやPCが違う環境ではうまく動かない・・・なんてことが往々にして起こります。

例えばこのサイトで取り扱っている機械学習や深層学習などではTensorflow・kerasといったpythonのライブラリをインストール・インポートして使うわけですが、その際に原因不明なエラーが結構起こり、ライブラリが動くようになるまでで一苦労・・・なんてことがあります。

また実務においても、多くのエンジニアが参加するプロジェクトなどで各自の環境のバージョンずれも本番環境で問題になってきます。極端な例でいえばpython2.7とpython3.6のコードを混ざるようなもんです。そういう開発環境の構築や準備の段階で、OSやソフトのバージョンの違いや説明不足・手順ミスのせいで余計な手間がかかるのは非常にもったいないですよね?

そんなときに登場するのが、今回紹介するDockerというわけです。Dockerで構築する仮想環境はローカルPCの影響を一切受けず、またコード化されたファイルを共有することで、誰でも同じ環境が簡単に作ることができます。そして、Dockerで作成した仮想環境は他人に簡単に配布することもできるため、Dockerがあれば誰でも同じ環境を簡単に再現することができるのです。

そのため最近Dockerを使う企業も増えており、採用で求められるスキルにもDockerを記載する企業が増えています、なのでIT業界でエンジニアとして働くのであれば、Dockerは使いこなせるようにした方がいいでしょう。

Dockerを使うために必要なもの

こういう感じでDockerは超便利な訳ですが、個人で使うとなると少しハードルがあります。というのもDockerを使うためには以下の環境である必要があるためです。

・OS環境 Windows10 Pro(homeではできません)
・Hyper-vに対応したCPUとその有効化

従来の市販のノートパソコンに入っているWindowsOS(Windows 10 Home)で、これだとDocker起動の際に必要ンHyper-Vがインストールできないので、Windows 10 Proにアップグレードする必要があります。これには8000円くらい掛かります。

Dockerのダウンロード・インストール

というわけでDockerをインストールしていきます。Dockerを使うためにはDocker Community Edition for Windows のインストールする必要があるのでインストーラーを。以下のURLからダウンロードします。

https://store.docker.com/editions/community/docker-ce-desktop-windows

ダウンロードするためには Please Login To Download→Create Account でメアドとパスワードを登録しアカウントを作成する必要があります。

アカウントを作成しメール認証を行うと先ほどのダウンロードボタンが[Please Login to Docker]から[Get Docker!]に変わっていると思うので、そこをクリックしDockerのインストーラーをダウンロードして起動しインストール作業をおこなってください。

プログラミングを挫折せず最短で習得する方法


プログラミングは小学校の義務教育にも導入され始めており、これから社会人として生きていく上にあたってはもはや出来て当たり前のスキルとなりつつあります。こういう話はテレビや雑誌でも最近増えてきたので、知らない人はいないでしょう。そしてそういう話を聞いて参考書なりを購入して独学でプログラミング勉強しようと思っている人も少なくないでしょう。しかしプログラミングを独学で勉強し始めようと思うものの



・「分からない箇所で詰まって挫折してしまった」

・「勉強する時間が足りない」

・「ネットの記事だと情報が断片的でよくわからない」

・「コードのエラーの原因が分からない」



という壁にぶち当たって、プログラミングの勉強を止めてしまう方が少なくありません。独学でプログラミングを勉強してる時間のほとんどはつまづいている時間です。実際僕も最初のころ独学でプログラミングを勉強していた頃はエラーの原因が分からず丸1日を不意にしてしまった・・・そんな苦い経験がありました。



それで僕は一度はプログラミングの学習を諦めてしまいましたが、就活で現実を知る中で「プログラミングを勉強して、いずれフリーランスとして自由な生き方がしたい」「エンジニアとして若いうちから高収入を得たい」という気持ちから一念発起して侍エンジニアのwebサービスコースに申し込み、プロのエンジニアの方に対面でマンツーマンでPythonによるWebサービス作り方とWeb技術の基本を教えてもらい、ようやくプログラミングが理解できました。


侍エンジニアでは様々なコースが用意されており、HTML・cssなどでWebサイトやWebアプリを作ってみたい人からPythonを勉強してデータサイエンティストやAIエンジニアになりたい人まで幅広いニーズにこたえています。


IT業界と言ってもエンジニアの仕事はプログラミング言語次第でサーバーから機械学習まで多種多様ですし、侍エンジニアの無料レッスン(カウンセリング)を受けてみて、自分のやりたいITの仕事は何なのか?を見つけてみましょう。ちなみに今「侍エンジニア」の無料レッスンを受けると1000円分のAmazonギフト券がもらえるので、試しに受けてみるだけもお得です。







自分は半端に独学やオンラインスクールで勉強して金と時間を無駄にするくらいなら、リアルのプログラミングスクールに通ってしっかりプログラミングを勉強した方がいいと思います。ちなみに今、侍エンジニアに申し込むと、25歳以下の学生の方であれば、受講料が20%OFFになるので超お得です。


そして、プログラミングは大勢で授業を受けたり漫然とオンライン学習をするよりも自分が分からない箇所をピンポイントでプロの講師に直接質問して、ちゃんと納得するというスタイルの方がお金は確かに少し掛かりますが、独学で学ぶよりも絶対にモノになります。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする