マナブのようなプログラミング系の情報商材屋に騙されないために

この記事は約11分で読めます。

 

前回のあらすじ

 

 

 

前回はエンジニアとしてマナブさんの詐欺的な点について言及しましたが、今回はブロガーや情報商材目線で話をしていきたいと思います。

 

 

マナブの情報商材の被害者杉山さん(スギちゃん)の例

 

SNSなんかでは行動が命、行動さえすれば成功する、成功しないのは行動が足りないからだという風潮がありますが、ここで実際にマナブさんのツイートに従い、実際に行動した方、つまりはマナブさんの被害者の例として、スギちゃんこと杉山さんの例を見ていきたいと思います↓

 

 

マナブ信者代表 杉山氏(通称:スギちゃん)

※現在はSNSアカウント全て削除済み

 

2019年春、インフルエンサーに感化されて情報商材を購入・マナブ氏からこの人の行動力は素晴らしいと称賛を受け、彼のTwitterやYoutubeブログで紹介され、実質的な一番弟子扱いとなり、注目を集める

 

マナブさんは神だといい、長年勤めてきた不動産会社を退職。ここから彼の迷走が始まる

 

 

引用元:https://twitter.com/kaiwai_watch_/status/1220216408581128192

 

 

まあようはマナブに煽てられて行動さえすれば月収100万も夢じゃない信じ色々と手を出したもののどれも鳴かず飛ばすで現在は音信不通の状態になっています。

 

 

 

ちなみに年季が入っているイケハヤの方が、こうやって消えていった信者の数が桁違いに多いです…。 イケハヤの場合は彼に煽られて商材買ったりサロンに入ったり退職して近くに移住までしたり。 この人はイケハヤ信者となり夫婦で退職してブロガーになると言い近くに移住した。子供は確かふたり。 結果こんな生活…。

 

 

引用元:https://twitter.com/kaiwai_watch_/status/1220287034561941506

 

 

こんな感じの被害者がマナブ氏の比じゃないほど存在しています。

 

 

Twitterによくいる情報商材屋の特徴

 

  • 綺麗事ばかり吐く
  • 病人病気を利用する
  • プレゼント企画で釣る
  • 稼いでる自慢しかしない
  • 絞れない相手には高圧的に
  • YESマンで固めて凄い人演出
  • 自分を大きく見せることに必死

 

こんな人を見かけたら注意です。最近Twitterやインスタグラムでも「底辺高卒→フィリピン留学→こんな底辺の私でもブログで年収1億」みたいなプロフィールの胡散臭いアカウントが溢れているのは、かつてネットワークビジネスに流れてた底辺層が一気に勝ち組偽装ビジネスに流れてネット上に同じようなのが量産されているように思えます。

 

まあ誰も適当に嘘つけば商材屋になれるわけで、最近ならせどりで月収50万円達成!その手法をNoteに書きました!今なら期間限定90%offで5000円で販売中とかがタイムラインに一杯流れてきます。

 

まあ嘘商材なので儲かるわけがないんですけど、儲からないのは努力が足りないとか、センスがないとか問題をすり替えてくる だからツイートも自己啓発系ばかり。要はアレ、あれは責任逃れのためにやってるんですね。

 

 

情報商材ビジネスの詐欺PDCA

f:id:oruka199665:20200226134958p:plain

 

f:id:oruka199665:20200226135103p:plain

 

 

 

まあ彼らについて僅かに弁明してあげるとすれば、マナブ氏もイケハヤ氏も皆最初は健全なブロガーだったんです。

 

 

f:id:oruka199665:20200226111524p:plain

 

 

ですが、年々個人に対して厳しくなるグーグルのアルゴリズムアップデートで稼げなくなって次第に詐欺のようなぼったくり商材を売る情報商材屋へと闇落ちしていったように見えます。

 

ブロガー志望の皆さん、これがブログだけで飯食おうとする奴の一生です。昔はイケハヤ氏もブログ1本で稼いでた時期はあるとあると思いますが、GoogleのYMYLアップデート(お金や健康といった金の絡むジャンルで個人サイトの検索順位を下げる補正を入れるアップデート)によって完全にブログは稼げなくなったのでしょう。

 

これは体感ではなくて、もう5年くらいブログアフィリエイトをやってきた私自身の感覚でもあります、全盛期はエンジニアの給料とは別に月あたり100~300万円くらい稼げていましたが、今はいくら更新しても~いかがでしたか?系の法人ドメインの方が上に来ます。

 

なので、個人ブログは完全にオワコンです。今からやるならyoutube安定ですが、youtubeも吉本みたいなプロの芸人がどんどん進出しているので、これから個人が楽に稼ぐことは難しくなってくるでしょう。

 

 

行動する=成功するではない

 

成功した(成功したと自称している)人はみんな 「成功者はみんな行動してる」と口をそろえて言いますが、そこで副業で稼ぎたいと思う人はとてつもない勘違いをするわけですね。

 

「成功者はみんな行動してる」というのは、行動しないと成功も糞もないので、この言葉自体は間違いなく正しいのですが、 彼らに洗脳されている人たちは「行動さえすれば必ず成功する」と思い込まされてしまいます。これは大きな間違いです。

 

ですが現実は、はじめの一歩の鴨川会長やイチロー選手が言うように「行動はあくまで成功への第一歩であり 成功を保証するものではありません。」また成功するためには時代の流れに乗れるかどうかなどの運要素もかなり強いです。

 

 

f:id:oruka199665:20200226112224p:plain

 

 

 

この事実をインフルエンサー達が言わないのは鬼畜だと思います。情報商材を売るのは構いませんが、「行動してもいいけど、1000人中999人はコケますよ」という事実をしっかりと言わないとダメだと思います。

 

ですが、それを言ってしまうと「結局行動しても無駄なのか」と 思った人が行動を起こさなくなり、教育・ビジネス系の 動画の再生数が下がっていくので、彼らは絶対に言わないわけですが。。。

 

イケハヤやマナブはバカどもに行動を起こすことは本気でして欲しいと思ってる だが自分を脅かす存在にそいつらがなるとはみじんも思っていないし、仮に自分達のライバルとなりうる存在が 出てきても、所詮後発組だし先行者の自分が勝つと思ってるでしょう。

 

そして万が一、自分を超える存在が出てきたら逆に利用して コラボしたり褒めちぎってしまえばいい(イケハヤがキメラゴンをべた褒めしたように) 彼らはこれから先、どう転んでも儲かる道しかないわけです。

 

彼らは実際に行動してコケてくれる人が増えれば増えるほど儲かる。そいつらは成功した人の動画を見まくって成長した「気」になってくれるからだ さらにその上をゆくバカは「自分は行動さえすれば成功する」と思い込み、 商材を買ったりもしてくれる。

 

マナブ氏やイケハヤ氏には人の心がないサイコパスなんだろうなと僕は思っています。もし自分がイケハヤの立場だったら、自分の助言でこんなになる人がいたら申し訳なくて仕方がない。 でもあいつは「自己責任ですよ?」とか言ってそれで稼いだ金で飯食ってる。僕には申し訳なさ過ぎて到底できませんね。

 

僕は正しい副業を教えない人は全員害悪だと思ってます。だって本業に集中しないで、ネットで人を騙してお金を巻き上げることを推奨してるんですから。それだと本業もおそろかになるし、その活動によって騙されたひとの人生は壊れていくわけで、彼らのビジネスは儲かるのか知りませんが(パッと見て儲かっているようにもあんまり見えませんが)ただの詐欺行為です。

 

本題のプログラミング系情報商材の話に戻りますが、知らない人からマナブ氏はスゴイ人に見えるのでしょうけど、僕のような実際にアフィリエイトやプログラミングで仕事をしている人間から見れば、マナブ氏は適当に薄っぺらいこと言ってるだけで反感しか生みません。だから他の本職アフィリエイターや本職プログラマーから批判されるし馬鹿にされるわけです。

 

すごいと思ってるのは、IT業界の現実を知らずマナブしか知らない情弱の人間だけだと断言できるレベルです。だから彼のやっていることは「情弱ビジネス」と言われるわけです。彼の事をアフィリエイターやプログラマーと思ってる人はそもそも間違ってて、彼はただの情弱を食い物にしてる情報商材屋です。

 

正直傍から見ていて、マナブ氏に対してエンジニアとしての才能や努力は微塵も感じませんが、情弱ビジネスで人を騙すことに関してだけはプロ級の才能があると思います。なので、ある意味詐欺師がマナブ氏にとっての天職だったのかもしれません。

 

養分は商材やらを読むと胸が高鳴りワクワクする。そのワクワクを売ってるのがマナブ氏のような情報商材屋。その正体はただのドーパミンという脳内麻薬であり一時的なもの。実際の金稼ぎの作業は淡々としていてつまらないものばかりです。だから抱いていたワクワクとのギャップに萎えてしまい大半が挫折してしまいます。

 

そして自分がツイッターをやってて衝撃を受けたのは「詐欺だから関わらないほうがいいよ」と忠告する人間がいて「いや、俺は信じてるから」と答える人間がワンセットでいる事。

 

宗教宜しく何を信じるかは自由ですが、現実は自分が考えていた以上に他人依存の人間が多いです。元から会社に依存しているサラリーマンの場合は他人依存でもそこまで問題ありませんが、投資や副業や自営業の世界において、他人依存であるということは確実な死を意味します。

 

昨今フリーランスという言葉が流行していますが、 フリーランスは「優秀な人だけが恩恵を受けられる」働き方であることを忘れないでください。 そもそも会社というのは、優秀な人も優秀じゃない人にももらえる給料を満遍なく押し伸ばされて再配分されるシステムです。

 

そのフィルターを通さずに市場原理に晒されると、貧富の格差が圧倒的に開きます。 優秀な人は誰にもピンハネされずに多くの利益を得ることができますが、優秀でない人は市場価値が低いので生活できなくなります。

 

 

終わり

 

こういう話は闇金ウシジマくん「フリーエージェントくん」編に書いてあるので、ぜひ一度読んでみることをオススメします。

 

 

 

 

 

 

賢い人や成功している(フリをしている)人が言っている「リスクを取ろう」をそのまま鵜呑みにして、考えなしに行動してリスクを取っちゃう人がいるんですが、リスクは管理しているから取れるのであって、管理できないリスクを取って意味なく事故るケースは避けたほうがいいです。

 

そういう意味では一番大切なスキルは「リスク管理能力」だと言えます。そして、無謀なリスクを取らせた挙句失敗すれば「努力が足りない」とか「長期間継続して下さい」って言うだけって本当酷いと思います。

 

マナブ氏のような情報商材屋が信者(カモ)に継続を求めるのは病気が治るとか金が儲かるとか出世するとか恋人ができるとか現世利益を謳うインチキ新興宗教が信者になるべく長く在籍してもらうために言ってるのと同じです。

 

長くいればそりゃ中には信心とか関係なく偶然ラッキーが起こる人もいるでしょう。そして情報商材屋はそのマグレの成功例を実績とし新たなカモを呼び込もうとします。

 

基本的にTwitterに沢山いますが、以下のような人は9割方ただの詐欺師なので、妄信するのは時間と金の無駄だと思います。

 

  • 儲かってる風
  • 何の仕事してるかわからない  
  • 会社のHPや実績がない
  • 普段の投稿が精神論ばかり
  • トップ画以外で顔を出してるものがない

 

 

お金を払ってプログラミングを勉強したいのであれば胡散臭い商材屋の商材を買うよりもプログラミングスクールに行ったほうが絶対ちゃんとしたものが身に付きますし就職先も斡旋してくれます。

 

そして、副業を始めたいなら安易に転売などの商材屋の謳うジャンルを狙うのではなく、自分のスキル(ゲーム・イラスト・音楽…etc)を活かせる部分を狙うなどした方がいいでしょう。それこそが成功への道になります。

 

情報商材には嘘か過去の稼ぎ方しか載っていません。未来の稼ぎ方は自分で作るしかないです。

 

 

長くなってしまいましたが最後まで読んでいただきありがとうございました

Twitter→ミナピピン(@python_mllover)

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました