GAS(GoogleAppScript)

【GAS】TwitterAPIを使ってアカウントのユーザー情報を取得する

この記事は約3分で読めます。

 

Oauth認証

 

スプレットシートのID確認やAPIのCallbackURLの設定などについては前回の記事を参照してください。前回の記事で認証が完了した前提で下記コードを実行しています

 

参照:【GAS】TwitterAPIを使ってツイート検索結果をスプレットシートに書き出す

 

アカウントの基本情報を取得

 

まずはアカウントのユーザー名・プロフィール文・フォロー数・フォロワー数を取得します。

 

//  特定のアカウントの基本情報を取得する
function get_account_data(){
  const service = getTwitterService();
  twitter_id = 'python_mllover' // 取得したいアカウントの@以降
  if (service.hasAccess()) {
	    var url = "https://api.twitter.com/1.1/users/show.json?screen_name=" + twitter_id;
      console.log(url)
      const response = service.fetch(url, {method: 'get'});
      const result = JSON.parse(response.getContentText());
      var code = response.getResponseCode();
      console.log('レスポンス', code)
      console.log('アカウント名', result.name)
      console.log('プロフィール', result.description)
      console.log('フォロー', result.friends_count)
      console.log('フォロワー数', result.followers_count)
      console.log(result)
      return result
  }
  else{
    Logger.log("認証エラー");
  }
}

 

特定アカウントのフォロワー情報を取得

 

// 特定アカウントのフォロワー取得
function get_followers(){
  const service = getTwitterService();
  user_id = 'python_mllover' // フォロワーを取得したいアカウントの@以降
  if (service.hasAccess()) {
      var url = 'https://api.twitter.com/1.1/followers/list.json?screen_name=' + user_id +'&count=100&skip_status=false&include_user_entities=true';
      console.log(url)
      const response = service.fetch(url, {method: 'get'});
      const result = JSON.parse(response.getContentText());
      var code = response.getResponseCode();
      console.log(code)
      console.log('ユーザー情報数',result.users.length)
      console.log(result)
      return result
  }
  else{
    Logger.log("認証エラー");
  }

}

 

 

コメント

  1. […] 関連記事:【GAS】TwitterAPIを使ってアカウントのユーザー情報を取得する […]

タイトルとURLをコピーしました