XSERVER(Xサーバー)にSSH接続でログインする方法

この記事は約5分で読めます。

 

 

 

 

前回はざっくりとSSH認証とconfigの概要について説明しました。今回は実際にSSHに必要な公開鍵と秘密鍵を作成し、それを使ってXserverにSSHでアクセス(ログイン)します。(環境Win10/64Bit)

 

 

大まかな流れは以下の3つです。

 

 

①XSERVERでサーバー側で上で公開鍵と秘密鍵を生成

②作成した秘密鍵を自分のPCにDL

③秘密鍵をディレクトリ上に設置し、SSHでXサーバーにログインする

 

 

XSERVER(サーバー)上で公開鍵と秘密鍵を生成

 

まずXSERVERにログインします。

 

 

 

サーバーパネルにアクセスし↓画像の右下のSSH設定のところをクリックします。

 

 

 

 

まず最初にSSHアクセスがONになっているかを確認しOFFの場合はONに切り替えます。

 

 

 

 

次に公開認証用鍵ペアの作成というタブをクリックし、公開鍵と秘密鍵を作成します。

 

 

 

 

 

そして任意のパスフレーズを設定し、公開鍵認証用の鍵ペア(公開鍵・秘密鍵)を生成します。その際に秘密鍵(自分のサーバーID.key)がDL画面が出てくるので、それを自分のPCに保存します。※この秘密鍵は誰にも渡さない・公開しないようにしてください。

 

 

 

秘密鍵を自分のPCに設置

 

次はホームディレクトリに.sshディレクトリを作成し、そこにさっきダウンロードした秘密鍵を「id_rsa」にリネームして配置します。(他に秘密鍵がある場合は別のファイル名でも可)

 

 

#.sshというフォルダの作成(既にある場合は不要)

$ mkdir ~/.ssh

 

#ホームディレクトリにある秘密鍵を移動しid_rsaにリネーム
$ mv サーバーID.key ~/.ssh/id_rsa

 

 

またSSHでアクセスするに当たってパーミッションの設定も変更しておきます。

 

$ chmod 700 ~/.ssh
$ chmod 600 ~/.ssh/id_rsa

 

SSHでXサーバーにアクセスする

 

さて準備が終わったので、コマンドでエックスサーバーにSSH接続してみます。(GitでもTAMAでもOK)

 

自分のサーバーIDはサーバーパネルの左上に載ってます。あと②でダウンロードした秘密鍵の名前もサーバーIDになっています。(自分のサーバーID.key)

 

 

$ ssh -l 自分のサーバーID -p 10022 自分のサーバーID.xsrv.jp

 

 

すると「Enter passphrase for key ‘/c/Users/自分のユーザー名/.ssh/id_rsa’:   」のあとに②のXserver画面にて設定したパスフレーズの入力を求められるので、設定した任意のパスフレーズを入力します。

 

[サーバーID@sv5013 ~]$

 

 

みたいな画面がコマンドラインに表示されればXserverへのSSHログインは成功となります。

 

 

(2018年5月現在)

 

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Known_hostsって何?

 

何度かSSHでサーバーにアクセスしていると、Known_hostsなる謎のファイルが/sshのディレクトリに作成されています。このknown_hostsとはなんなのかというと一度接続したことのあるサーバのSSHサーバ証明書を格納しているファイルとなります。

 

 

 

参照:http://vdeep.net/xserver-ssh

 

 

 

終わり

 

以上エックスサーバーにSSHログインする方法です。ただエックスサーバーのレンタルサーバーはroot権限が付属されていないので、できることが限られます。なのでワードプレスを運営する目的以外の場合はroot権限のVPSサーバーなりを使ったほうが良いですね。

 

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました