【Web技術】APIについての分かりやすい解説

スポンサーリンク

APIとは?

APIとは、アプリケーションプログラミングインタフェース( Application Programming Interface)の略称でソフトウェアコンポーネントが互いにやりとりするのに使用するインタフェースの仕様である。

ひとことでいうと、APIとは「ソフトウェアの機能を共有すること」です。

つまり、APIとは自分のソフトウェアを一部公開して、他のソフトウェアと機能を共有できるようにしたものです。

このようにソフトウェアの一部をWEB上に公開することによって、誰でも外部から利用することができるようになります。

それによって、自分のソフトウェアに他のソフトウェアの機能を埋め込むことができるようになるので、アプリケーション同士で連携することが可能になるのです。

皆さんの身近なものだと、Twitterの連携して自分のツイートから性格などを診断するサービスはWebAPIを使った代表的な例です。

他にもline@もAPI機能を使ったものですし、仮想通貨も取引所のAPIを使うことでBotを作りシステムトレードをすることができます。

APIの特徴

上述したように、APIは自社のソフトウェアの一部の機能を他のソフトウェアでも使えるようにするものですが内部のコードまでは公開していません。

またセキュリティの観点から、使用方法についてもなどのルールも定められています。

APIは、このような仕様やルールと一緒にまとめてWEB上に公開しているのが一般的です。

なお、APIはWEB上で通信して利用することが普通なので「WEB API」と呼ばれることも多く、API=WEB APIというのが一般的になっています。

インターフェースとは何か?

APIは日本語名称は「アプリケーションプログラミングインターフェース」です。

IT用語としての『インターフェース』とは、人間とコンピューターの間で、情報のやりとりをしてくれる役割を果たすものです。

具体的にいうと、パソコンのキーボードやマウス、テレビのリモコンや駅の券売機などがインターフェースにあたります。

これらはすべて、人間の操作に従ってコンピューターに情報を伝えて会話をしてくれる翻訳機のような役割をしています。

同じように、APIも「プログラマー」の代わりに「アプリケーションに情報や指示を出してプログラミングしてくれる」ような役割をしているので、「アプリケーションプログラミングインターフェース」と呼ばれているのです。

スポンサーリンク

APIの目的

APIを作る側としては自社サービスの機能をAPIとして公開することで、同じ特徴をもったサービスが開発しやすくなります。

それによって、ある機能に特化させたり、さらに使いやすく一部の機能だけ改良することができ、その結果さらに多くのサービスが生まれ自社サービスの発展に繋がります。

またAPIでは他社のデータを使うこともできるので、同じ情報を様々な分野で活用してもらうことで、情報を分析することが容易になり、各分野に特化した分析をおこなうことができます。

そこから顧客の傾向や特徴を発見することで、イノベーションが生まれ、新しいビジネスが生まれるのです。

反対にAPIを使う側は作りたい機能がすでにAPIで公開されているなら、同じプログラムを1から作る必要がないので開発時間を大幅に短縮できます。

こういった自社のノウハウを一部公開していくことで、新しいイノベーションを生み出そうとする試みをオープンイノベーションと言います。

こういった企業が提供するAPIは無料で利用できるため、開発者側としては開発コストも大幅に削減でき、かつ効率的にアプリケーションを制作することができます。

APIは昔からある概念でしたが、AIやブロックチェーンを始めとしたITテクノロジーが加速的に成長していることなどから、近年改めて企業のビジネスを広く外部に提供するための接点や手段としてあらためて注目されています。

プログラミングを挫折せず最短で習得する方法


プログラミングは小学校の義務教育にも導入され始めており、これから社会人として生きていく上にあたってはもはや出来て当たり前のスキルとなりつつあります。こういう話はテレビや雑誌でも最近増えてきたので、知らない人はいないでしょう。そしてそういう話を聞いて参考書なりを購入して独学でプログラミング勉強しようと思っている人も少なくないでしょう。しかしプログラミングを独学で勉強し始めようと思うものの



・「分からない箇所で詰まって挫折してしまった」

・「勉強する時間が足りない」

・「ネットの記事だと情報が断片的でよくわからない」

・「コードのエラーの原因が分からない」



という壁にぶち当たって、プログラミングの勉強を止めてしまう方が少なくありません。独学でプログラミングを勉強してる時間のほとんどはつまづいている時間です。実際僕も最初のころ独学でプログラミングを勉強していた頃はエラーの原因が分からず丸1日を不意にしてしまった・・・そんな苦い経験がありました。



それで僕は一度はプログラミングの学習を諦めてしまいましたが、就活で現実を知る中で「プログラミングを勉強して、いずれフリーランスとして自由な生き方がしたい」「エンジニアとして若いうちから高収入を得たい」という気持ちから一念発起して侍エンジニアのwebサービスコースに申し込み、プロのエンジニアの方に対面でマンツーマンでPythonによるWebサービス作り方とWeb技術の基本を教えてもらい、ようやくプログラミングが理解できました。


侍エンジニアでは様々なコースが用意されており、HTML・cssなどでWebサイトやWebアプリを作ってみたい人からPythonを勉強してデータサイエンティストやAIエンジニアになりたい人まで幅広いニーズにこたえています。


IT業界と言ってもエンジニアの仕事はプログラミング言語次第でサーバーから機械学習まで多種多様ですし、侍エンジニアの無料レッスン(カウンセリング)を受けてみて、自分のやりたいITの仕事は何なのか?を見つけてみましょう。ちなみに今「侍エンジニア」の無料レッスンを受けると1000円分のAmazonギフト券がもらえるので、試しに受けてみるだけもお得です。







自分は半端に独学やオンラインスクールで勉強して金と時間を無駄にするくらいなら、リアルのプログラミングスクールに通ってしっかりプログラミングを勉強した方がいいと思います。ちなみに今、侍エンジニアに申し込むと、25歳以下の学生の方であれば、受講料が20%OFFになるので超お得です。


そして、プログラミングは大勢で授業を受けたり漫然とオンライン学習をするよりも自分が分からない箇所をピンポイントでプロの講師に直接質問して、ちゃんと納得するというスタイルの方がお金は確かに少し掛かりますが、独学で学ぶよりも絶対にモノになります。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. […]  暇人の研究室【Web技術】APIについての分かりやすい解説https://tkstock.site/2017/07/14/2017-07-14-065944/APIとは?APIとは、アプリケーションプログラミングインタフェース( Application Programming I […]