誰でも分かるgithubの使い方と自分のコードを公開する方法

スポンサーリンク

githubとは?

GitHubは、Gitの仕組みを利用して、世界中の人々が自分の作品(プログラムコードやデザインデータなど)を保存、公開することができるようにしたウェブサービスです。

GitHubはGitHub社というマイクロソフトの子会社によって運営されており、基本的に個人・企業問わず無料で利用することができます。コードをプライベートで管理したい場合などは月額使用料を支払う必要がありますが、基本的に公開してもいい無料のサービスだけで十分だと思います。

githubにコードを公開する

githubではブラウザから自分の作ったコードを公開することもできますが、Linuxでもない限りデスクトップアプリが公開されているので、それを使ってコードを公開しましょう。

ユーザー登録

githubを利用するためにはまずユーザー登録をする必要があります。

ここにUserNameとメアドとパスワードを入力します。

デフォルトの無料のままでOKです。最新ニュースを受け取るかどうかのチェックボックスもありますが、要らない場合はそのままでいいです。すると利用目的を聞かれると思いますが、まあ適当に答えておいてください。(スキップすることもできます)

それらが終了するとホーム画面が出てきます。

画面右上の管理タブを開きSign ㏌ as 〇〇 をクリックするとプロフィールの編集や自分の作成したコード(レポジトリ)の観覧具合を確認することができます。

レポジトリを作成する

githubにユーザー登録出来たら、まずはレポジトリを作成します。このレポジトリというワードがIT初心者が混乱する点だと思うのですが、リポジトリ (repository)とはファイルなり、プログラムなり、設定情報なり、何らかの保管場所をオサレに表現したワードです。まあこの場合のレポジトリとはコードの保管庫みたいな認識で良いと思います。

ユーザーホーム画面左下にYou don’t have any repositories yet!(まだレポジトリがありません)と出ているのでnew Repository をクリックし新しいレポジトリを作成します。

レポジトリの名前と説明を任意で入力し、READMEのチェックボックスにはチェックマークを入れておいてください。そして、一番したのレポジトリを作成するをクリックすればレポジトリ作成完了です。

そして、Upload Filesからアップロードしたいファイルをドラッグ&ドロップでアップロードすることが可能です。

ファイルのアップロードが完了したら、一番下の変更をコミットするをクリックすると、レポジトリに.アップロードしたファイルが公開されています。1人でコードを管理する場合はマスターとしてコミットするを選択してください。

これであなたの作成したファイルが世界中に公開されました。以上がgithubの始め方とコードのアップロード方法になります。

終わり

レポジトリにアップロードしたファイルのコードを修正・変更する際はデスクトップアプリを使って行うと簡単にできます。

githubは少々使いにくい気がしますが、エンジニア同士で共同作業する際にも使いますし、エンジニアとして働くのであれば絶対に使うWEBサービスだと思うのでとりかく触れて慣れていきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする