誰でも分かるgithubの使い方と自分のコードを公開する方法

githubとは?

GitHubは、Gitの仕組みを利用して、世界中の人々が自分の作品(プログラムコードやデザインデータなど)を保存、公開することができるようにしたウェブサービスです。

GitHubはGitHub社というマイクロソフトの子会社によって運営されており、基本的に個人・企業問わず無料で利用することができます。コードをプライベートで管理したい場合などは月額使用料を支払う必要がありますが、基本的に公開してもいい無料のサービスだけで十分だと思います。

githubにコードを公開する

githubではブラウザから自分の作ったコードを公開することもできますが、Linuxでもない限りデスクトップアプリが公開されているので、それを使ってコードを公開しましょう。

ユーザー登録

githubを利用するためにはまずユーザー登録をする必要があります。

ここにUserNameとメアドとパスワードを入力します。

デフォルトの無料のままでOKです。最新ニュースを受け取るかどうかのチェックボックスもありますが、要らない場合はそのままでいいです。すると利用目的を聞かれると思いますが、まあ適当に答えておいてください。(スキップすることもできます)

それらが終了するとホーム画面が出てきます。

画面右上の管理タブを開きSign ㏌ as 〇〇 をクリックするとプロフィールの編集や自分の作成したコード(レポジトリ)の観覧具合を確認することができます。

レポジトリを作成する

githubにユーザー登録出来たら、まずはレポジトリを作成します。このレポジトリというワードがIT初心者が混乱する点だと思うのですが、リポジトリ (repository)とはファイルなり、プログラムなり、設定情報なり、何らかの保管場所をオサレに表現したワードです。まあこの場合のレポジトリとはコードの保管庫みたいな認識で良いと思います。

ユーザーホーム画面左下にYou don’t have any repositories yet!(まだレポジトリがありません)と出ているのでnew Repository をクリックし新しいレポジトリを作成します。

レポジトリの名前と説明を任意で入力し、READMEのチェックボックスにはチェックマークを入れておいてください。そして、一番したのレポジトリを作成するをクリックすればレポジトリ作成完了です。

そして、Upload Filesからアップロードしたいファイルをドラッグ&ドロップでアップロードすることが可能です。

ファイルのアップロードが完了したら、一番下の変更をコミットするをクリックすると、レポジトリに.アップロードしたファイルが公開されています。1人でコードを管理する場合はマスターとしてコミットするを選択してください。

これであなたの作成したファイルが世界中に公開されました。以上がgithubの始め方とコードのアップロード方法になります。

終わり

レポジトリにアップロードしたファイルのコードを修正・変更する際はデスクトップアプリを使って行うと簡単にできます。

githubは少々使いにくい気がしますが、エンジニア同士で共同作業する際にも使いますし、エンジニアとして働くのであれば絶対に使うWEBサービスだと思うのでとりかく触れて慣れていきましょう。

プログラミングの独学はとても難しい


プログラミングは小学校の義務教育にも導入され始めており、これから社会人として生きていく上でプログラミングはもはや出来て当たり前、出来なれば論外というエクセルレベルの必須スキルになりつつあります。そしてそういう話を聞いて参考書なりを購入して独学でプログラミング勉強しようと思っている人も少なくないでしょう。しかしプログラミングを独学で勉強し始めようと思うものの



・「分からない箇所で詰まって挫折してしまった」

・「勉強する時間が足りない」

・「ネットの記事だと情報が断片的でよくわからない」

・「コードのエラーの原因が分からない」



という壁にぶち当たって、プログラミングの勉強を止めてしまう方が少なくありません。独学でプログラミングを勉強してる時間のほとんどはつまづいている時間です。実際僕も最初のころ独学でプログラミングを勉強していた頃はエラーの原因が分からず丸1日を不意にしてしまった・・・そんな苦い経験がありました。それで僕は一度はプログラミングの学習を諦めてしまいましたが、就活で現実を知る中で



「プログラミングを勉強して、いずれフリーランスとして自由な生き方がしたい」

「エンジニアとして若いうちから高収入を得たい」



という強い気持ちから一念発起して「侍エンジニアのwebサービスコース」に申し込み、プロのエンジニアの方に対面でマンツーマンでPythonによるWebサービス作り方とWeb技術の基本を教えてもらい、ようやくプログラミングが理解でき、今ではエンジニアとしてそこそこの暮らしができるようになりました。





侍エンジニアでは、とりあえずプログラミングやインターネットの基本を知っておきたい人から、HTML・cssなどでWebサイトやWebアプリを作ってみたい人やPythonを勉強してデータサイエンティストやAIエンジニアになりたい人まで幅広いニーズに応えた様々なコースが用意されています。



IT業界と言ってもエンジニアの仕事はプログラミング言語次第でサーバーから機械学習・ディープラーニングまで多種多様ですし、侍エンジニアの無料レッスン(カウンセリング)を受けてみて、自分のやりたいITの仕事は何なのか?を見つけるのがエンジニアへの第一歩になります。ちなみに今侍エンジニアの無料レッスンを受けると1000円分のAmazonギフト券がもらえるので、試しに受けてみるだけもお得です。


自分は半端に独学やオンラインスクールで勉強して金と時間を無駄にするくらいなら、リアルのプログラミングスクールに通ってしっかりプログラミングを勉強した方がいいと思います。ちなみに今、侍エンジニアに申し込むと、25歳以下の学生の方であれば、受講料が20%OFFになるので超お得です。


そして、プログラミングは大勢で授業を受けたり漫然とオンライン学習をするよりも自分が分からない箇所をピンポイントでプロの講師に直接質問して、ちゃんと納得するというスタイルの方がお金は確かに少し掛かりますが、独学で学ぶよりも絶対にモノになります。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

   侍エンジニア塾       
侍エンジニアの無料体験レッスンを予約する -->