Webアプリケーション プログラミング

【GCP】GoogleCloudPlatformでプロジェクトを作成してAPI鍵の作成&有効化する

この記事は約5分で読めます。

 

こんにちは、ミナピピン(@python_mllover)です。

 

今回はyoutubeなどのGoogleの提供しているサービスのAPIを使用するために必要なGCPでのプロジェクト作成からAPI鍵の作成、APIの有効化についてを解説したいと思います。

 

GCPでの準備作業

 

まずGoogleの提供しているサービスのAPIを利用するためには、GCP(Google Cloud Platform)のプロジェクトでAPIの有効化とAPIキーの取得が必要です。

以下に、簡単ですが準備作業項目を見ておきます。
①利用するGoogleアカウントの用意
②利用するGCPプロジェクトの用意

③API鍵の作成

④各APIサービスに対してAPI鍵を有効化する
なお、上記手順は全て無料で行うことができます。

①利用するGoogleアカウントの用意

GCPのプロジェクトを利用するためにはGoogleアカウントが必要です。Googleアカウントは新規に作成してもよいし、恐らくほぼ全員が持っているであろう既存のGMailで利用しているアカウントでもかまいません。

②利用するGCPプロジェクトの用意

 

利用するGoogleアカウントを決めたら、Cloud Console(統合型 Google Cloud Platform 管理コンソール)にログインします。
GCPのサービスはプロジェクト単位で管理されるため、YotubeやGoogleMapなどの各APIサービスは利用するプロジェクトごとに有効化する必要があります。これは新規にプロジェクトを作成してもよいし、既存のプロジェクトを利用することもできます。
プロジェクト単位でセキュリティや利用状況のモニタリング等が分離されますので、手軽に試してみる場合は、テスト用の新しいプロジェクトを作成し、不要になれば削除するのがよいと思います。

③プロジェクトのAPIキーの取得

Consoleの左側メニューの「APIとサービス⇒認証情報」を選択すると認証情報画面が表示されます。
そして画面上部にある「+認証情報を作成」を選択し、プルダウン メニューから 「API キー」 を選択します。
すると、「APIキーを作成しました」画面が表示されると同時に、以下のように作成したAPIキーが認証情報画面のAPIキーの一覧に表示されます。(画面は3個ですが最初は1個です)
<結果画面>
一覧のキー名をクリックすると、クリップボードへのコピーやAPIキーの文字列や詳細な情報を見ることができます。
なお、以下のページにある「API キーを保護する」の項なども参考にしてください。

 

これでプロジェクトのAPI鍵が作成できました。基本的にこのAPI鍵を用いて各APIサービスを叩くのですが、APIを叩くためにはそれぞれのAPIサービスを設定で使用を有効化しておく必要があります。その方法について次で解説していきます

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

④各APIサービスの有効化

 

利用するプロジェクトを選択した後に、Consoleの左側メニューの「APIとサービス⇒ライブラリ」を選択して、有効化したいを検索します。

今回はYoutubeの動画情報を取得できる「Youtube DATA API」を有効化したいと思います。

まず検索ボックスにYoutubeと入力します。

 

 

こんな感じで検索にAPIがヒットします。

そしてそこから個別ページに飛ぶと以下のような画面になるので「有効にする」をクリックすると、そのAPIが使用できるようになります。

 

 

これでYoutubeのAPIが有効化できたので②で作ったAPI鍵を用いてYoutubeの動画情報を取得することができます。APIを叩くプログラミング言語は何でもいいですが自分はpythonをよく使っているので、pythonでの使用例を紹介しておきます。

 

関連記事:【Python】Youtubeの再生数・コメント数・高評価数をスクレイピングで取得する

関連記事:【Python】Youtubeの動画コメントをAPI経由で全件取得する

関連記事:【Python】YoutubeのAPIを叩いて検索結果と各動画の再生回数を取得する

 

終わり

 

普通のAPIサービスはこんな面倒なことをする必要はないのですが、GoogleはAPIの管理がしっかりしているので、個人でぱっと使う分には少し手間が掛かりますが、Googleanalyticsなど分析ツールも用意してくれてたりと商用でAPIを使用する際には非常に心強い設計となっています。

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました