Selenium スクレイピング プログラミング

【VPS】バックグランドで動作しているChromeDriverを強制終了させる

この記事は約4分で読めます。

 

 

先日レンタルサーバー(OS:CentOS7)でSeleniumの稼働テストを行っていたのですが、エラー連発でバックグランドで起動しっぱなしだったChromeDriverのせいで処理が重くなっていました。

 

以下のコマンドを叩くと、正常に終了せずにバックグラウンドに残ったchromedriverが大量に確認できました。

 

$ ps aux | grep chromedriver

 

> ps aux | grep chromedriver

root 1117 0.0 0.3 17037968 8160 ? Sl 20:00 0:00 /usr/local/bin chromedriver –port=49578
root 1500 0.0 0.0 112708 980 pts/0 R+ 20:04 0:00 grep –color=auto chromedriver
root 3791 0.0 0.0 17037968 40 ? Sl Jun03 0:00 /usr/local/bin chromedriver –port=57896
root 13256 0.0 0.0 17037968 0 ? Sl 00:00 0:00 /usr/local/bin chromedriver –port=54271
root 15731 0.0 0.0 17037968 64 ? Sl Jun01 0:01 /usr/local/bin chromedriver –port=33107
root 17974 0.0 0.0 17037968 68 ? Sl Jun01 0:00 /usr/local/bin chromedriver –port=60570
root 22732 0.0 0.0 17037968 132 ? Sl Jun03 0:00 /usr/local/bin chromedriver –port=37749
root 22879 0.0 0.0 17037968 72 ? Sl Jun02 0:00 /usr/local/bin chromedriver –port=57206
root 24629 0.0 0.0 17037968 144 ? Sl Jun02 0:00 /usr/local/bin chromedriver –port=54651
root 27118 0.0 0.0 17037968 0 ? Sl Jun03 0:00 /usr/local/bin chromedriver –port=53792
root 27215 0.0 0.0 17037972 160 ? Sl Jun02 0:00 /usr/local/bin chromedriver –port=43243
root 28871 0.0 0.0 17037968 0 ? Sl Jun02 0:00 /usr/local/bin chromedriver –port=47411

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

バックグラウンドに残ったChromeDriverを強制終了させる

 

結論からいくとプロセスをKILLすることで解決します。

 

# chromedriverプロセスを一括終了する
$ killall chromedriver

 

参照:https://materializer.co/lab/blog/12

 

 

関連記事:【VPS】レンタルサーバーとファイルのやり取りを行う際に便利なツールまとめ

 

関連記事:CentOSのVPSサーバーでPython+Selenium+ChromeDriverのスクレイピング環境を構築する

 

関連記事:【Python】VPSサーバーでSelenium+GoogleChromeのスクレイピング環境を構築した時に遭遇したエラーまとめ

 

関連記事:【GCP】VPSサーバーでのgcloudコマンドのインストールと初期認証の設定方法

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました