Linux

CentOS7にMysql8.0をインストールする

この記事は約6分で読めます。

 

今回は案件でCentOSにMYSQLの環境を構築したので「CentOS7にMysql8.0をインストールする」手順について自分用にメモしておきます

 

前準備

 

centos バージョンはどこに記載されているのか?
以下のコマンドで「/etc/redhat-release」を参照すればCentOS自身のバージョンを確認出来ます

 

$ cat /etc/redhat-release

 

mariaDBの削除

 

CentOS 7 には mariaDB という MySQL 互換のデータベースサーバーがデフォルトでインストールされている場合がありますので、これからインストールする MySQL と競合を起こさないように削除しておきましょう。 つぎのコマンドのように mariaDB 本体とデータフォルダを削除しておきます。

 

$ sudo yum remove mariadb-libs
$ rm -rf /var/lib/mysql/

 

リポジトリの確認

 

以下のコマンドでOS内のMYSQLのリポジトリを確認することができます。古いMYSQLのバージョンのリポジトリがある場合は後述に解決方法を記述していますがコンフリクトを起こしてエラーが起こる可能性があります

 

$ sudo yum repolist all | grep mysql

 

<実行結果イメージ>

mysql-cluster-7.5-community/x86_64 MySQL Cluster 7.5 C disabled
mysql-cluster-7.5-community-source MySQL Cluster 7.5 C disabled
mysql-cluster-7.6-community/x86_64 MySQL Cluster 7.6 C disabled
mysql-cluster-7.6-community-source MySQL Cluster 7.6 C disabled
mysql-connectors-community/x86_64 MySQL Connectors Co enabled: 213
mysql-connectors-community-debuginfo/x86_64 MySQL Connectors Co disabled
mysql-connectors-community-source MySQL Connectors Co disabled
mysql-tools-community/x86_64 MySQL Tools Communi enabled: 96
mysql-tools-community-debuginfo/x86_64 MySQL Tools Communi disabled
mysql-tools-community-source MySQL Tools Communi disabled
mysql-tools-preview/x86_64 MySQL Tools Preview disabled
mysql-tools-preview-source MySQL Tools Preview disabled
!mysql57-community/x86_64 MySQL 5.7 Community disabled
mysql57-community-source MySQL 5.7 Community disabled

 

注目すべきは必要なバージョンのMYSQLのリポジトリがあるかという点と、disabledとenabledでインストールしたいバージョンのリポジトリが「enabled」状態になっているかを確認してください。すでにMYSQLのリポジトリが存在している場合は以下のコマンドで設定を変更できます。

 

$ yum -y install yum-utils
$ yum-config-manager --disable mysql57-community
$ yum-config-manager --enable mysql80-community

 

インストールしたいバージョンが存在しない場合は公式サイトからリポジトリをダウンロードする必要があります

(下記参照↓)

 

リポジトリのダウンロードする

 

標準のリポジトリには含まれないのでMySQLのリポジトリを追加をコマンド経由で追加します
なお、リポジトリのURLは更新されているので、ここで確認してください

 

リポジトリのファイル名についてはダウンロードページの以下の赤線の部分をクリックすると開くダウンロードダイアログで表示されるファイル名を「rpm -ivh ~」以降に指定してください。

 

参照:https://qiita.com/zaburo/items/7518a432d915c061983f

 

<自分の環境の場合>

$ rpm -ivh https://dev.mysql.com/get/mysql80-community-release-el7-7.noarch.rpm

 

<イメージ例>

$ rpm -ivh https://dev.mysql.com/get/<自分の環境にあったファイル名>

 

MYSQLのインストール

 

MYSQLのインストール自体は以下のコマンドを実行するだけです。

 

$ sudo yum install mysql-community-server

 

エラー対応

 

<エラーメッセージ>

error: Failed dependencies: mysql57-community-release conflicts with mysql80-community-release-el7-2.noarch

 

古いバージョンのMYSQLがコンフリクトで干渉している場合は以下のコマンドで削除してから試してみてください

 

$ rpm -e --nodeps mysql57-community-release

 

参照:https://qiita.com/zaburo/items/7518a432d915c061983f

 

 

関連記事:PythonでCloudSQL上のMySQLのデータベースに接続する

関連記事:【Python】SqlAlchemyでCloudSQLにデータフレームをテーブル保存する

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました