【Python】CoinGeckoからビットコイン・アルトコインの価格データを取得する方法

スポンサーリンク

仮想通貨の価格データの取得する

ビットコインを始めとする仮想通貨の価格データはビットフライヤーやビットバンクなどの国内の仮想通貨取引所のAPIを使って取得することが可能ですが、国内の取引所から取得できる価格データはあくまで国内で取扱っている仮想通貨だけで、バイナンスなど海外の仮想通貨取引所に上場しているアルトコイン(草コイン)の価格データを取得することはできません。

個人的には仮想通貨の価格変化を分析するに当たってそれで少し悩んでいたのですが、いつも海外で上場しているアルトコインの価格確認に使っていた仮想通貨情報サイト:CoinGeckoのAPIで提供されているデータが想定外に豊富で、いろいろ活用できそうだったので、自分への復習もかねて紹介していきたいと思います。

仮想通貨の価格データを提供してくれるAPI機能を応用すれば、AWSなどのサーバー上で実行することで、TwitterでBotにコインの価格を自動でつぶやくようにしたり、市場情報をもとに取引所で裁定取引(アービトラージ)をさせることもできるので割と楽しめそうです。

使うプログラミング言語はpythonです。pythonはやはりWEB上のデータを取得したり便利で汎用性が高くオススメです。

Coin geckoとは?

Coin gecko(コインゲッコー)は仮想通貨のランキングチャートです。メアドとパスでアカウントを作成すれば、自分の注目している通貨をダッシュボードで管理することができたり非常に便利です。

コインゲッコーのオススメな点はデータを取扱っているアルトコインの種類が多いことと、日本円の価格が表示できるところですね。

coingeckoのAPIについては↓のリンクから取得するデータの種類や期間など色々と試すことができます。

https://www.coingecko.com/api/docs/v3#/coins

CoingeckoのAPIの機能

CoinGeckoの公式サイトのAPIに関してのページを確認すると、以下のAPIが用意されていることがわかります。いずれもデータはJSON形式で返ってきます。

・/ping…APIサーバーのステータスを確認する。アクセスできるかのチェックなど。
・/coins…すべてのコインのデータを取得。何種類のコインを取得するか指定可能。
・/coins/{id}…特定のコインのデータを取得
・/coins/{id}/history…特定のコインの概要と過去時点でのデータを取得
・/coins/{id}/market_chart…特定コインのチャートデータを取得
・/exchange_rates…BTCとの交換レートのデータを取得

全ての仮想通貨の円建ての価格情報を取得する

コインゲッコーのAPIはビットコイン以外のイーサリアム・リップルを始めとしたアルトコインの価格データを取り出せるのは勿論のことで、さらに便利なところは仮想通貨の日本円に換算した現在価格を取り出せる点ですね。

##ライブラリーのインストール

import requests
import json

##現在のアルトコインの日本円建ての価格データを取得
r=requests.get(‘https://api.coingecko.com/api/v3/coins/markets?vs_currency=jpy’)
gecko=json.loads(r.text)
gecko

APIの説明書によると引数を変更すれば、指定した数種類の仮想通貨の価格のみを取り出すことも可能らしいです。取得したデータからコインごとの価格を取り出す場合は、データがきれいなのでfor文を使えば一発です。

##コインごとの現在価格だけを取り出す

for status in gecko:
print(status[‘name’]+’ ‘+str(status[‘current_price’]))

この結果を一定時間ごとにTwitterに呟かせれば価格BOTとかも作れます。

スポンサーリンク

特定のコインのデータを取得する

コインゲッコーは他にもデータ分析を行うために必要なヒストリカルデータも豊富にそろっています。取引所とかだと数種類のコインのヒストリカルデータしかありませんが、コインゲッコーならばビットコインから草コインまで数百種類のコインの価格データを取得できます。

###イーサリアムの今までの日本円建ての価格データを取得

r=requests.get(‘https://api.coingecko.com/api/v3/coins/ethereum/market_chart?vs_currency=jpy&days=max’)

gecko=json.loads(r.text)
gecko

大体察しは付くと思いますが、ethereumの部分は他の通貨に変えるとその通貨の価格データを取得できます。ただ略称ではなく正式名称である必要があります。(例、bitcoin、rippleなど)

他にも「currency=〇〇」を変えることでどの通貨建ての価格を取得するかを決められます。(usd, eur, jpy,)し加えて「days=〇〇」の部分を変えることで、取得するデータの期間を変更できます。maxなら全期間を取得できますし、30、90、365など変えることができます。

なお取得してくる価格データの日付はtimestamp形式なのですが、期間によっては小数点の付かないときもあってそのまま直すと1900年とかになるので、/1000して正しい時間に戻す作業が必要です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. […]  暇人の研究室pythonでCoingeckoから数百種類の仮想通貨の価格データを一気に取得する方法https://tkstock.site/2018/06/12/post-402/仮想通貨の価格データの取得するビットコインを始めとする仮 […]

  2. […]  暇人の研究室pythonでCoingeckoから数百種類の仮想通貨の価格データを一気に取得する方法https://tkstock.site/2018/06/12/post-402/仮想通貨の価格データの取得するビットコインを始めとする仮 […]