PythonでシストレBotを作る②~仮想通貨取引所からビットコインの価格を取得する

スポンサーリンク

ビットコイン(Bitcoin)とは?

ビットコインは2009年に誕生した始めての仮想通貨です。ビットコインの大きな特徴としてはブロックチェーンという技術を使っているという点です。

これによってデータの改ざんを困難し、低コストで高いセキュリティー性を生み出すことに成功しました。

このビットコインに使われているブロックチェーン技術は銀行やサーバーなどなど既存の様々な社会インフラに幅広く応用することができるため現在世界中で注目されています。

他にもビットコインの大きな特徴としては管理者がおらず分散自立型のシステムであるという点です。

これは現在の中央集権型のシステムへの挑戦と移行の可能性を模索する取り組みでもあり、世界中でビットコインが注目されている大きな理由の1つです。

ざっと話すととても長くなるので興味が沸いた方は下の記事を読んでいただけると幸いです。

【仮想通貨】ビットコイン(bitcoin)とは何なのか?その将来性と購入方法

【仮想通貨】ビットコインのブロックチェーン技術が注目される理由

ビットコイン/仮想通貨の価格を取得する

さて本題に入りますが、今日はPythonを使って取引所からビットコインの価格を取得してみます。

これには仮想通貨取引所のAPI機能を使います。(APIとは何ぞやという方は↓の記事で説明しているのでどうぞ)

国内の仮想通貨取引所と言えばCMでお馴染みのビットフライヤーとZaifですが、Pythonを使うならbitbankという取引所がとても便利です。

bitbankのメリットとしてはアルトコインを取引所形式で購入できるため、コインチェックなどの販売所で購入するより、断然安く購入できます。(3月まで取引手数料無料です)

加えてBitbank(ビットバンク)は取り扱い通貨も多いためオススメです。

bitbankでの取り扱い通貨(2018/2/20)

BTC(ビットコイン)
LTC(ライトコイン)
XRP(リップル)
ETH(イーサリアム)
MONA(モナーコイン)
BCH/BCC(ビットコインキャッシュ)

 

ここは他の大手取引所のように宣伝にあんまり力を入れていないため一般的な知名度はあまりありませんが、穴場な良取引所です。

私も2018年1月に登録したのですが、1週間程度で本人確認も完了し口座開設ができました。

他の大物インフルエンサーが取り上げて良さがバレると申し込みが殺到し鯖もZaifやビットフライヤーみたいにパンクするかもですが、今のところ快適です。

ビットバンクからビットコイン(仮想通貨)の価格を取得する

Bitbank(ビットバンク)からAPIを使って仮想通貨の価格を取得したり、取引できるようにしてくれるコードはBitbank(ビットバンク)さんが、Githubというプログラマーがコードをアップロードするサイトにライブラリーとしてまとめてアップロードしてくれているので、簡単です。

まずはライブラリーをインストールします。(Win10/64Bit版)

pip install git+https://github.com/bitbankinc/python-bitbankcc.git

この時 Win GITがインストールされていないと

Error [WinError 2] 指定されたファイルが見つかりません。
…中略…
Cannot find command ‘git’

f:id:oruka199665:20180227224923j:plain

と返されます。原因はGitをインストールしていないことにあります。Gitをインストールしていない人は Git for Windows からインストールしましょう。

製作者側としてGitを使う場合は ssh や config の設定を行わなければいけませんがユーザーとして使う分には言われるままにインストールすれば問題ないです。

※Gitをインストールした後はいったんcmd.exeを閉じて再起動しないと python_bitbankccはインストールできません。

f:id:oruka199665:20180227233344j:plain

Gitをインストールしているとこんな感じで成功します。

そして、本題のBitbank(ビットバンク)の仮想通貨価格の取得に入ります。

 

###Bitbankのビットコイン価格を取得する###

>>>import json

>>> import python_bitbankcc
>>> pub = python_bitbankcc.public()
>>> value = pub.get_ticker(
‘btc_jpy’ # ペア
)
>>> print(value)
{‘sell’: ‘1157555’, ‘buy’: ‘1157000’, ‘high’: ‘1163000’, ‘low’: ‘1080180’, ‘last’: ‘1157001’, ‘vol’: ‘2228.4126’, ‘timestamp’: 1519740289992}
>>> 

これでビットコインの価格情報を取得できます。tickerとは相場情報という意味なので、get_tickerで価格を取得するという関数になります。

そして要求する通貨ペアをbtc‗jpyをイーサリアム(eth_jpy)・リップル(xrp_jpy)・ビットコインキャッシュ(bch_jpy)などに変更することで、他のアルトコインの価格を取得することができます。

次は板情報を取得し売買注文を出してみます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする