【初心者向け】Pythonでcsvを読み込み・書き込み(入力・出力)する際の注意点

この記事は約5分で読めます。

 

Pythonでのファイルの読み込みと書き出し

 

pythonは便利なプログラミング言語ですが、初心者の方が詰まるポイントの1つとしてファイルの読込と書き出しがあります。

 

実務とかであればデータベースなどが使うこともありますが、始めたばかりの人がまず行うのは、恐らくcsvからPythonにファイルを読み込んだり書き出したりする方法だと思うので、今日はその辺りについて解説していきたいと思います。

 

pythonでcsvを扱う方法は基本的に2つ

 

pythonでcsv形式のファイルを読み込んだり出力したりする方法として、「①csvモジュールとwith文を使う」「②pandasというライブラリの関数を使う」という2つの方法なのが一般的です。

 

jsonやdbファイルなどを扱いたい場合はwith文を使用することが多いですが、csvモジュールは正直使いにくいです。

 

なので、.txtや.csvを読み込む際はpandasというモジュールに入っているcsvを読込む関数を使ったほうがいいと個人的には思っています。

 

ちなみにこのpandasというライブラリはpythonでデータ分析をするのに欠かせない超便利なモジュールです。

 

 

 

 

そして、numpyというモジュールもpython上で数値計算をするうえでは欠かせないモジュールです。行列と数値計算は機械学習において絶対に行う作業なので、この『Pandas』『Numpy』という2つのモジュールは使いこなせるようにしておきましょう。

 

 

スポンサーリンク

pandasでcsvの読込と出力を行う

 

pandasがない人はpip install pandasでインストールしてください。Anacondaをインストールしている人はデフォルトでインストールされています。

 

Pandasでの.csvの読み込みと書き出しは↓の関数で行えます。

 

#モジュールの読込
import pandas as pd

#csvを読み込む
変数名= pd.read_csv('〇〇〇.csv',sep=',',encoding='utf-8')

#データをcsvに出力する
変数名.to_csv("〇〇〇.csv",sep=', ',index=True) 

 

 

csvの読み込みで気を付けたいこと(区切り文字・文字コード)

 

csvをpythonで読み込む際によく起こる問題点としては、正しくcsvが読み込まれない(区切りが反映されない)というケースです。

 

これはPythonにcsvを読み込む際に区切り文字を指定していないことが原因です。よくあるcsvの形式はカンマ区切りであることが多いので、読み込み時にカンマ区切りであることを引数にsep=','と指定することでPCに教えておげる必要があります。(ちなみにタブ区切りである場合はsep='\t'と指定するとうまくいきます。)

 

他にも文字コードの違いによるエラーもよくあります。というのもWindowsとMACは基本の文字コードが違うので、Macで作ったファイルをWindowsのPC上で読み込むと文字化けすることがあります。

 

なので、文字化けしている場合は引数をencoding='utf-8'として文字コードを指定すると文字化けが治ることがあります。

 

またPython(Pandas)でcsv出力する際に気を付けたいのは、行名を出力するかどうか。Falseを指定した場合、行名は出力されません。デフォルトではTrueとなっているので、最初の列のデータが列名になります。

 

つまり、csvの最初先頭列のデータをPandasで読み込んだ際にラベル扱いされたくない場合はindex_col=Falseにしておくといいという事になります。

 

 

終わり

 

他にもpandasは金融データの取得など便利な機能がいっぱいあるので、pythonでデータ分析をする人は是非使い方をマスターしておきましょう。

 

 

『pandas』『numpy』の使い方については、自分が今まで購入した参考書の中でPythonユーザのためのJupyter[実践]入門というのが一番分かりやすかったので、超オススメです。

 

 

 

 

 

【Python】pandasを使って日経平均株価のデータをスクレイピングで取得する

 

 

【Python】CoinGeckoからビットコイン・アルトコインの価格データを取得する方法

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました