pythonでcsvの読み込み/出力をする方法について

スポンサーリンク

pythonは便利なプログラミング言語ですが、初心者の方が詰まるポイントの1つとしてファイルの読込と書き出しがあります。今日はそれについてまとめていきたいと思います。

pythonでcsvを扱うのにオススメなモジュール

pythonでcsv形式のファイルを読み込んだり出力したりする方法として、入門書などの教科書に書かれているのはcsvモジュールを使ったやり方なのが一般的ですが、csvモジュールは正直使いにくいです。

なので、pandasというモジュールに入っているcsvを読込む関数を使ったほうがいいと個人的には思っています。

ちなみにこのpandasというモジュールはpythonでデータ分析をするのに欠かせない超便利なモジュールです。

そして、numpyというモジュールもpython上で数値計算をするうえでは欠かせないモジュールです。行列と数値計算は機械学習において絶対に行う作業なので、この2つのモジュールは使いこなせるようにしておきましょう。

pandasとnumpyの使い方については、自分が今まで購入した参考書の中でPythonユーザのためのJupyter[実践]入門というのが一番分かりやすかったので、超オススメです。

スポンサーリンク

pandasでのcsvの読込と出力

pandasがない人はpip install pandasでインストールしてください。Anaconda環境にはデフォルトでインストールされています。

#モジュールの読込

import pandas as pd

#csvを読み込む

適当な変数名= pd.read_csv(‘〇〇〇.csv’)

#データをcsvに出力する

適当な変数名.to_csv(“〇〇〇.csv”)

他にもpandasは金融データの取得など便利な機能がいっぱいあるので、pythonでデータ分析をする人は是非使い方をマスターしておきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする