Angularによるwebアプリ開発①~環境構築とコンポーネント作成

この記事は約6分で読めます。

 

 

Angularとは?

 

2017-2018年現在、JS製のwebフレームワークで最も有力な3強がAngular/React/Vue.jsの3つと言われています。

 

その中の1つがAngularであり、Angularのアプリ開発をコマンドで管理するのがAngular-CLIです。

 

 

Angular(アンギュラ)は、Googleと個人や企業のコミュニティによって開発されているTypeScriptベースのオープンソースのフロントエンドWebアプリケーションフレームワークである。

Wikipediaより引用

 

 

Angularのバージョンは最新版(執筆時点)がver8.0で半年ペースでバージョンのアップデートが行われています。JS系フレームワークの中で実行速度面から見ればAngularに分がありますが、AngularはコーディングにJavascriptではなくTypescriptである点など、他の2つに比べて学習コストが少し高いです。

 

 

AngularCLIの開発環境構築

 

まずnodejsをインストールしておく必要があります。

https://nodejs.org/ja/

 

他にもgitとvscodeをインストールしておくと、アプリ開発が楽になります。

 

  • git
  • VSCODE

 

付属ツールのインストールができたら、いよいよAngular-cllの環境構築に入ってきます。Angularの環境構築はAngular-CLIをインストールしておくと、コマンドひとつでできるので、非常に便利です。

 

 

# Angular-CLIのインストール
npm install -g @angular/cli

 

これでngコマンドが有効化されます。

 

 

AngularCLIでWebアプリケーションを立ち上げる

 

Angularがインストールできたら環境構築に入っていきます。Angularは他のJS系フレームワークのように、このngコマンドでアプリの雛形を作ったり、コンポーネントを作ったりすることができます。

 

 

# Angularのアプリを立ち上げる
$ng new MyApp

 

 

これでアプリの雛形が作れたので、とりあえず起動してみます。

 

 

# ディレクトリを移動する
cd MyAPP

 

 

アプリケーションのディレクトリ直下に移動出来たら、npmコマンドでアプリを起動します。

 

※gitなどからAngularのソースを落としてきた場合はnode_modulesが含まれていないので、そのままでは動きません。

 

この場合は以下のコマンドを実行してpackage.jsonに記載されているモジュール群をインターネット上からダウンロードする必要があります。

 

# package.jsonに記載されているモジュールをダウンロードする
$ npm install

 

 

node_modulesが存在している場合は$npm installは必要なく、以下のコマンドを実行するとローカルホストでアプリが立ち上がります。

 

 

# アプリを起動する
$npm start

 

これでWEBブラウザから「http://localhost:4200」にアクセスして、フレームワークおなじみの画面ができたら立ち上げは成功

 

 

 

 

コンポーネントの作成

 

「コンポーネント」とは、基本的に各ルーティングごとにHTML・CSS・JSをディレクトリにまとめたもののことを指します。VueなどのJS系に多いMVVCフレームワークの概念です。

 

 

# 新規コンポーネントを作成する
ng generate component sample

 

 

コマンドが実行できたらアプリの「Myapp」内にsampleというディレクトリが作成されています。

 

 

 

 

そして、Angularでのルート管理は「MyApp\src\app\app-routing.module.ts」で行っています。ここにコンポーネントのデータを呼び出してルートに追加します。

 

 

<app-routing.module.ts>

import { NgModule } from "@angular/core";
import { Routes, RouterModule } from "@angular/router";

// コンポーネントをインポートする
import { SampleComponent } from "./sample/sample.component";

// ルーティング設定を追記する
const routes: Routes = [
  {
    path: "test",
    component: SampleComponent
  }
];

@NgModule({
  imports: [RouterModule.forRoot(routes)],
  exports: [RouterModule]
})
export class AppRoutingModule {}

 

 

path: “test”, component: SampleComponent ~の部分で/testにアクセスした場合はSampleComponentの中身を呼び出すように設定しています。

 

これで上書き保存すると自動的に画面が更新されるので、こちら側で何かアクションを行う必要はありません。

 

もし画面が真っ白になってしまった場合は、アプリ画面で右クリックして「検証」をクリックしてGoogleChromeのデベロッパツールを開き、タブにある「console」を開くとエラーメッセージが表示されているので、その内容を解消してあげましょう。

 

 

 

 

問題がなければ「http://localhost:4200/test」にアクセスすると、画面下部の左下に「sample works!」と表示されていれば、ルーティングが成功しています。

 

 

 

 

これで環境構築と基本的なルーティングの話は終わりです。次はマテリアルデザインなどでAngularでのwebアプリ開発に欠かせない追加モジュールのインストールの方法について紹介していきたいと思います。

 

 

次の記事→AngularによるWebアプリ開発②~Angular Material をインストールしてマテリアルデザインを実装する

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました