【Nodejs】サーバーサイド初心者のためのExpress入門

この記事は約3分で読めます。

 

 

Expressとは

 

Node.jsは言わずとしれたサーバーサイドJavascriptの実行環境。ExpressはそのNode.jsでの王道的な開発をスピードアップするためのフレームワークです。

 

Expressを使った開発の具体例としてはAPIの開発があります。REST APIを提供するWebサービスを開発する場合、URIやBodyを解析してリクエストの内容とデータを識別する必要があります。

 

例えばAIによる画像認識サービスを開発していて、とある写真を返すREST APIを提供する必要があるとします。そういった場合はフロント側はReactやVueやAngularといったフレームワークでサイトのフロント部分を作成し、内部のサーバー処理をjavascriptのExpressやPythonのDjangoやFlaskなどで作るというケースが最近よくあります。

 

 

NodejsとExpressのインストール

 

まずはNodejsをインストールします。

こちらのページから自分のOS環境にあったインストーラーをインストールしてください。

 

 

Nodejsのインストールが完了したら次はExpressをインストールします。

 

//expressのインストール
$ npm install express --save

//corsのインストール
$ npm install cors

 

CORSはCORS対策のために一応インストールしておきます。これがないとFirebaseなどのクラウドサーバーにアプリケーションをデプロイした際にCORSエラーで動かなくなることがあります。

 

Expressのインストールが完了したら、右クリックの新規ファイル作成でindex.jsというファイルを作成して以下のコードを記述します。

 

 

<index.js>

const express = require('express');
const cors = require('cors');
const app = express();
app.use(cors());
app.listen(3000, () => {
    console.log('Server Works !!! At port 3000');
});

app.get('/', (req,res) => {
    res.send('ページが表示されました!')
})

 

 

これで準備は完了です。次はいよいよアプリケーションを起動します。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

アプリを起動する

 

次はコマンドプロンプトを開き、以下のコマンドを入力します。

 

 

# アプリケーションを起動する
$ node index.js

 

 

するとコンソール上に「Server Works !!! At port 3000」と表示され、アプリケーションがローカルサーバー上に起動します。

 

そして、この状態でWebブラウザを開き「http://127.0.0.1:3000/」にアクセスすると以下のような画面が表示されます。

 

 

これがNodejsの基本になります。

 

 

 

参考書籍

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました