西洋の投資格言「株は5月に売ってハロウィンの頃に買え」が本当か検証してみた

この記事は約4分で読めます。

 

 

こんにちは、ミナピピン(@python_mllover)です。今回は投資格言で有名なものの1つである
「5月に売ってハロウィン(10月)の頃に新たに買え」という西洋の投資格言が本当かをPythonで検証してみました。

 

リーマンショックで構造変化が起こったと推察される2009年からだけを集計したところ以下のようになりました。

 

 

<ソースコード>

# 日経平均の曜日別変化率を調べる
import pandas_datareader.data as web
import pandas as pd
import datetime

# 日経平均株価を取得する
nikkei = web.DataReader("NIKKEI225", "fred", "1950/5/16")

# 9月最終営業日に買って翌年の4月最終営業日に売る
return_ = []

for i in range(1989, 2020, 1):
    year = str(i)
    next_year = str(i+1)
    buy = nikkei[str(i) + '-9'].dropna().iloc[-1][0]
    sell = nikkei[str(i+1) + '-4'].dropna().iloc[-1][0]
    year_return = sell - buy
    year_return_avg = (sell - buy) / buy
    return_.append([year, year_return, year_return_avg])
return_data = pd.DataFrame(return_, columns=['year', 'diff_price', 'change'])
cum_ret_d = (1+return_data['change']).cumprod()
return_data['total_return'] = cum_ret_d
return_data

 

 

year diff_price change total_return
2009 924.17 0.091202 1.091202
2010 480.39 0.051273 1.147151
2011 820.6 0.094319 1.255348
2012 4990.7 0.562639 1.961657
2013 -151.69 -0.01049 1.941072
2014 3346.49 0.206912 2.342703
2015 -722.1 -0.04153 2.245414
2016 2746.9 0.166986 2.620368
2017 2111.59 0.103732 2.892183
2018 -1861.31 -0.07717 2.668997
2019 -1562.15 -0.0718 2.477353

 

 

結論として、2009年からこの格言通りに取引すれば347%のリターンで悪くはないリターンですが、底値ホールドしていた場合のリターン(23000-8000/8000+1=290%)と比較して税金面を考慮してきわめて優位性があるとかいうとそういうわけではなさそうです。

 

ただまあ底値ピンポイントで掴むことはほぼ不可能なので、定期的に売買タイミングという意味では9月末に買って翌年5月頭に売る戦略は一定の有効性があると思います。

 

やはり「夏枯れ相場」という言葉があるように7,8,9月のリターンは悪い傾向にあるのは直感的にもデータ的にも当たっているように見えるので、この時期に売買はしないもしくはここで狼狽売りは悪手だということはほぼ間違いないでしょう。

 

関連記事:【株価分析】日経平均の月別価格変化率を調べてみた

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました