【Python】TwitterのAPIを使って特定のアカウントの呟きを一括取得する

この記事は約3分で読めます。

 

Tweepyを使って特定のアカウントの呟きを一括取得する

 

 

関連記事:【Python】TwitterのAPIを簡単操作できる「Tweepy」の使い方

 

 

# ライブラリーの読込とTwitterAPI鍵の設定
import tweepy
from datetime import timedelta
import pandas as pd
CK = ''                             # Consumer Key
CS = ''     # Consumer Secret
AT = '' # Access Token
AS = ''         # Accesss Token Secert

 

 

#認証情報を設定
auth=tweepy.OAuthHandler(CK, CS)
auth.set_access_token(AT, AS)

#APIインスタンスの作成
api=tweepy.API(auth)

#アカウント指定(@の後ろの英数字、↓はサンプルID)
Account = 'python_mllover'

#ツイート保存用変数&取得するツイートを計算する
tweet_data = []
num = 0

for page in range(17):
    tweets = api.user_timeline(Account, count=200, page=page)
    for tweet in tweets:
        tweet.created_at += timedelta(hours=9)
#         print('----------') #見やすいように
#         print(tweet.created_at) #書くツイートの投稿時間表示
#         print(tweet.text) #各ツイート内容表示
        num += 1
        tweet_data.append(['@'+Account, tweet.created_at, tweet.text])

print(num, 'ツイート表示しました。')

# ツイートデータをデータフレームに変換
tweet_data = pd.DataFrame(tweet_data, columns=["account", "date", "tweet"])
tweet_data

 

<実行結果>

 

無償用のAPIだと過去のツイートの取得は3400ツイートまでなので、range(17)を指定しています。ちなみにデータフレームに格納したデータを抜き出したいときは以下のようにすればおけ

 

# 適当なツイートデータを抜き出す
tweet_data.iloc[7]
print(tweet_data.iloc[7].date)
print(tweet_data.iloc[7].tweet)

 

 

関連記事:【Python】Tweepyで相互フォローの確認&フォロバとリムーブを自動化

関連記事:【Python】Tweepyで検索に引っかかったツイートを自動ファボ

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました