Python twitter プログラミング 自動化

【Python】TweepyでTwitterAPI_V2のapikeyを使ってツイートするサンプルプログラム

この記事は約2分で読めます。

 

こんにちは、ミナピピン(@python_mllover)です。

 

今回はTweepyで2021年に新しく公開されたTwitterAPI V2のAPI鍵を使ってツイートする方法を紹介したいと思います。(Tweepyのバージョンは4.0以上である必要があります。)

 

# 最新バージョンをインストール
$ pip install tweepy --upgrade

 

TwitterAPI_V2のAPIをTweepy経由で操作する

 

import tweepy
# Twitter Deverloper Portalで取得
ck = ''
cs = ''
at = ''
ats = ''

#インスタンス作成
client = tweepy.Client(None, ck, cs, at, ats)

client.create_tweet(text="テストツイート")

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

注意点

 

ツイートするためにはDeveloper Portalの「User authentication settings」で、アプリケーションレベルのパーミッション(App permissions)がRead and write「Read and write and Direct messageでないといけません。(初期値はRead)

 

 

加えて、APIのツイート読み取り/書き込み/DM送信の権限変更は↑のパーミッション設定を変更しただけでは反映されないので都度、apikey/apisecret/Access Token/AccessTokenSecretをrevokeもしくはregenerateで再生成する必要があるので注意です。

 

 

関連記事:【Python】Tweepyで特定ユーザーの過去ツイートをスクレイピングで自動取得する

関連記事:【Python】TwitterのDM送信をTweepyで自動化する

関連記事:【Python】TwitterAPI V2のBearer tokenを使ってツイート検索をしてみる

 

 

参考:https://qiita.com/penguinprogrammer/items/b220be0c203eaaad015a

コメント

タイトルとURLをコピーしました